Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け









映画「ニュー・シネマ・パラダイス」ネタバレあり解説 上映中にオナニーはいけません! ラストの解釈ってこれでいいよね?

 

よぉ元気かマザファッカァァァァ!!!!!!!!!! 

 

ヤッターマンコーヒーライター!!!!!!!! 

 

いやぁ、もはや儀式のように下ネタをぶっ込んで申し訳ないですね。男子校みたいにはてブロを使ってすいませんね。

 

どうもMachinakaですよ。もう今日で二回目のブログ更新ですよ。アメブロと合わせると3回ブログ更新してるんですよ。

 

暇なんですよwwww 

 

暇なときには映画を見るってのは誰でもやることなんですが、せっかくなら普段見ない映画を見よう、ということで今回批評するのはこちら!!

 

 

「ニューシネマ・パラダイス」

 

 

f:id:Machinaka:20180505211249j:plain

20180213005340.jpg

 

 


映画「ニュー・シネマ・パラダイス完全オリジナル版」日本版劇場予告

 

 

はい、なぜ今なんだというツッコミはやめてくださいね。俺にとっては新作と一緒なんですよ。

 

まだ見たことがないんですよ、実は。。「ショーシャンクの空に」と並んで、世界中の人が生涯ベストに挙げる大傑作となっている、もはや神格化された映画となっていますね。

 

 

案外ですね、傑作と言われる映画は見づらいんですよ。見るのにすっごくハードルがいるんですよね。映画評論家の中にも、「実は7人の侍見てません」とか、そういう奴も中にはいると思うんですよね、、、、 

 

 

なぜこの映画が異様な評価を受けてるのか?その理由を探るためにも鑑賞してきました〜! 

 

 

それでは映画の感想でっす!!

 

 

 

 

 

 

 

[映画の感想]

 

最初のシーンから号泣号泣大号泣、、、

 

俺もこんな環境で映画見たいなぁぁ、、、、技術は進歩しても映画ってダメなんだよ。

 

ガヤが聞こえる映画館が一番いいんだよ!日本の観客も静かに過ごすのやめろよ!葬式かよ!!!!

 

誰も敵を作らない、美しいハッピーエンド!!! こりゃ売れますわ、、、

 

 

 

 

やはりと言っていいのか、大大大傑作ですね。なんですか、これ。

 

正直、こういう映画って映画ビギナー向けが喜んで見るようなもんだと思ってたんですよ。なんとなく評価高いから見ようぜ、って考えてる人向けというか。。

 

でもこの映画は違う。映画を見ればみるほど、知ってれば知ってるほど面白く出来ている。特に映画館に毎日通う人にとっては、最高の映画になってる!!

 

映画館と映画をここまで褒め称えた映画はないですよ! なんですかこれ、俺を褒めてくれてるんですかwみたいなwwww

 

さすがタイトルに「シネマ」がついてるあたり、最初から最後まで映画の話でしたね。映写技師と少年の友情の物語で、戦時中でムッソリーニ政権、アメリカとは敵対関係にあるはずのイタリアで「ジョン・ウェイン最高!!」って叫んでる映画館は最高にロックだよwww これ、日本なら憲兵隊が黙っちゃいないよwww

 

教会に映画館の施設を作り、まさに街の「パラダイス」として機能する映画館。娯楽が映画しかない。戦争中だからこそ、映画を見る。映画が娯楽の中心で、人々の拠り所になってるところとかね、もう涙なしでは見られませんよ。

 

だって、俺たちが生きてる今は映画は娯楽の一部になってるし、日本映画の黄金時代はとっくに終わってる。映像はYouTubeでアップできる時代になってる。娯楽が分散してる。

 

そんな時代に映画ファンでいるってのは、マイノリティでもあるんですよ。映画マニアって十分マイノリティじゃない?

 

だから映画ブログを立ち上げて感想書いて、オフ会して仲良くなったり、まるで密教のようなコミュニケーションをしてるんじゃないのかい?!

 

ニュー・シネマ・パラダイスの映画館だったら、俺は絶対に映画ブログなんかやってない。上映終了後に隣にいたやつと話してああだこうだ言うよ! だって劇場がガヤで埋まってる雰囲気なんだから、非常に話しやすい雰囲気なんだよな!

なぜ今はみんなだんまりを決め込むんだ? なぜスマホばかり向かうんだ? なぜカップルでデートしてるのに、ファミレスで向かい合ってるのに、イチャイチャせずに黙ってスマホ触ってるんだよ!? ちんまん触りあえよ! だから日本は少子化なんだよ! って関係ないこと話してすいませんwww

 

 

 

とにかく! 俺はニュー・シネマ・パラダイスの映画館が大好きだ! シチリアという住民性も影響してか、ガラは悪いがみんな楽しそうだ。

 

映画を見て笑顔が出来ていく、泣いていく、怒っていく、映画を心から楽しんでるから、上映中にガヤも飛ばすし爆笑する。

 

これだよ映画って。感情が動かない映画なんて映画じゃないよ。感情が動いて笑ったり泣いたりしてんだから、正常な映画の見方でしょうが。

 

日本の観客は静かすぎて感情を殺してるんだよ! もう江戸時代じゃないんだからさ、感情を出してもいいんだよ!ニューシネマパラダイス好きな人は劇場で笑えよな!!!! 

 

 

静かな映画館ばかり経験してる俺としては、イタリアのガヤガヤ映画館が何よりも美しく見えました。。。。

ただし、いくらエロいからって上映中にオナニーはいけませんw あと子供がタバコ吸うのもいけませんw あれCG?じゃないよね?肺から思いっきりタバコ吸ってるよね?

 

 

あと、映画見てる時のトトの嬉々とした表情ね。あんなの見せられたら泣くよ。映画がなければこの少年はDVマザーファッカーに殴られて死んでたかもしれないんだよ。

 

映画という非日常的な空間に逃げられて、本当に良かったよ! だから映画を見てる時はあんなに面白そうにしてるんだよね。スピルバーグはこのシーンを見てどう思ったんだろうな、、、

 

 

 

 

最後に! ラストの解釈ですけども、、、、トトがおじさんになって、アルフレードが保管していた映画を見るシーンがありますね!

 

トトが子供のころ集めていた、当時は放送禁止だったキス・エロシーンの切れ端フィルムを集めて一本の映像にしたオムニバスキス&おっぱいシーン。

 

一度は消失したフィルムなのに、アルフレードがせっせと集めてもう一度フィルムを集めて、トトの約束を守ったという解釈がまず一点。

 

 

次に、エレナの恋心を諦めさせるために、「キスは大人までお預けだぞ」という、アルフレードなりの教示だったという話もあります。これも理解できる。

 

 

最後に、これが私なりの解釈。

 

キスやセックスシーンばかりを集めてトトに見せるというのは、アルフレードなりの愛情表現のメタファーだったんじゃないかな? 男同士だからキスはできないし、そういう関係じゃないけど、映画のキスでトトへの思いをぶつけたんじゃないの? キスしたいくらい大事にしてんだぞ、お前のこと! みたいな^ - ^

 

あと、キスやセックスシーンというのはアメリカでいうところのヘイズ・コード(自主規制)に抵触する部分。

 

アルフレードが現役の頃はヘイズ・コードがバリバリ掛かっていて、表現が規制されていた時代。

でも、トトの時代ではまさしく「ニューシネマ」的な映画表現を目指して欲しい、という気持ちが入っていたんじゃないでしょうかね? 

 

だからニューシネマってタイトルなんじゃないのかな?

 

 

 

 

 

 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 20155,machinaka.hatenablog.com