Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け









映画「アクアマン」感想ネタバレあり解説 光り輝く武器と必殺技!アクアマンでなぜ俺たちは興奮するのか?

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「アクアマン」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 
 目次
 

はじめに

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「アクアマン」

 
 

f:id:Machinaka:20190206214318j:plain

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics
 
フォオオおおおおお!!!!
 
ひっさしぶりのDC映画!!
 
DCさん、生きてた!?
 
マーヴェルに追いつき追い越せ! と頑張っていたのに、どんどん沈んでいってしまったDCコミック映画。もちろん「ワンダーウーマン」とか「ジャスティスリーグ」は面白かったけど、なんかもうマーヴェルと比較することが無意味なんじゃないかってくらい、話題から沈んでしまった。。
 
そして沈んで沈んで沈みきった結果、、、
 
 
海の底からこんにちは!! 
アクアマァァァァン!!!!
 
 
何やら予告を見る感じ、すごく明るくて爽快な映画っぽいじゃないか!! なんじゃこれ!!!
 
もうマーヴェルがシリアスすぎて、昔ながらの明るいヒーロー映画が見れないんじゃないかって心配してたんですけど、ここでDC映画が変わってしまうのだろうか。
 
いや、変わってくれ!! 頼む!!!
 
もう黒歴史を繰り返さないでくれ!!! 暗すぎて何やってるのか全然見えなかったよ。。。
 
 

それでは「アクアマン」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・DCコミックス原作のヒーローで、「ジャスティス・リーグ」にも参戦したアクアマンを主役に描くアクション大作。海底に広がる巨大な帝国アトランティスを築いた海底人たちの王女を母に持ち、人間の血も引くアクアマンは、アーサー・カリーという名の人間として地上で育てられた。やがて、アトランティスが人類を征服しようと地上に攻め入り、アクアマンは、アトランティスとの戦いに身を投じていく。人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で知られるハワイ出身の俳優ジェイソン・モモアがタイトルロールのアクアマンを演じ、世界的大ヒットを記録した「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督がメガホンをとった。共演にアンバー・ハード、ウィレム・デフォー、ニコール・キッドマンほか。

eiga.com


 

 


映画『アクアマン』日本版本予告【HD】2019年2月8日(金)公開

 
 
 
 
 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 
 
 

映画の感想

 
わーーーーーーーー!!!! 
 
わーーーーーー!!!! 
 
わーーーーーーーー!!!! 
 
 
ずーと上映中ワーワー言いながら、一人絶叫鑑賞してしまったwwww
 
 
次々に繰り出される必殺技と決めポーズに、小学生のぼくちゃん、わくわく・ドキドキ!!!! 
 
わんぱくなアクアマンが繰り広げる、ゲームのようなキラキラした武器と必殺技! 
 
 
これぞ小学生の俺が思い描いていた海洋アクションバトル!! よくぞ映像化してくれました!!
 
 
これ本当にユニバースもの? と疑問に思うほど独立した、スッキリ爽快なアクションは誰でも盛り上がれるはず!! 
 
是非ともお子さん(♂)と鑑賞してください!!!

 

 

 

 

 

スッキリ爽快なヒーロー映画、待ってました!!

はい、最近のDC映画、本当にいいです。

 

同じDCEUの中でも、「バッドマンVSスーパーマン」とか、他の糞作DCとは一線を画す、実に素晴らしい出来栄えだったと思います。

 

昔のDCは、一体何だったんだよww 画面を暗くしすぎて、本当に暗黒時代になってましたねww

 

今回はアクアマン単体での映画ということで、正直役不足なんじゃないの? アクアマンってアメリカでは弱キャラの代名詞みたいな言われ方してるし、魅力に映らないんじゃないの? 

 

っていろんな不安がありましたけども、全て杞憂に終わりました。

 

小学生の時の俺を呼び覚ましてくれる、エンタメ性に特化した、まるで少年ジャンプの漫画のような、スッキリ爽快のアクション映画でした。

 

DCといえば「ワンダーウーマン」が公開されていて、こちらも面白かったんですけども、やたらとDCEUのつながりを意識したり、第1次世界大戦の匂いもあり、妙にポリコレ感もあり、手放しで「ひゃっほおおおお!!」って言えなかったんですよ。

 

でも今作は、ムキムキ・マッチョメンが主人公で、まるげアニメ・ゲームのような光り輝く武器。。 

 

 

・トライデントを回せば、水のシールドが出てきてシールド代わりになる。

・金ぴかのトライデントを守る見張り番

・「どこの深海からお越しですか?」とツッコミたくなるイカつい龍のような魚さんを従えて攻撃するあの無双感。。

 

もう、ワクワクが止まらないよ!! 

 

おしっこちびりそうだったよ!!!

  

 

出るたびワクワクするマッチョなお魚さんたちにも興奮したし、いちいちガジェットが俺のストライクゾーンにドスッと入ってくるものばかりだったんですよ!!

 

今や新しいガジェットを出すのも大変な時代ですけど、一本の映画でこれだけワクワクできたのも珍しくて、、、

これ小さい子供と一緒に見に行ったら、さぞかし面白かったんだろうなぁ。。。

 

話としては、兄弟同士で争うという点で「マイティソー」に似てるんですけど、アクアマンの方がよっぽどバカっぽくて、カッコよくて、本当に最高だったんです。

 

とりあえず今、トライデントが欲しくて欲しくてたまらないです。あれ、銃刀法違反に引っかからないよね?

 

 

 

たっぷりタメた決めポーズ、ありがとうございます!!!!

 

かっこよさの秘訣は、何より決めポーズにあると思うんですよね。

 

ジェームズ・ワン監督も好きなんでしょうけど、制作を見たらザック・スナイダーじゃないですか!!!

あの300スリーハンドレットの!!!

 


映画『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』オンライン限定予告

 

この映画は決めポーズからしばらく一時停止して、コントラストをあえてきつくして見せる描写が特徴的だったんですけども。

 

今作も 必殺技を使った後の決めポーズのあと、ピタッと絵が止まるんですよ。

 

このタメこそが、アクションに特別感を与えてくれる素晴らしい演出だと思うんですよね!

 

これはただのアクションじゃない。ヒーローのアクション映画だってことを教えてくれるんです。

 

特にですね、トライデントを持ったアクアマンが敵を一刺ししたあとにピタッと絵が止まる瞬間。。

 

もおおおおおお!!! こんなのトライデントのおもちゃ買ってくれってことだよね?! 買わせようとしてるよね!?

 

映画館に売ってたら、マジで買っちゃいそうになるくらい購買意欲がそそられました。

 

あとですね、武器で攻撃するときに、トライデントのリーチを生かしたスレスレの回避行動を、スレスレのところだけゆっくり再生にしてくれるんですよ。

 

ここ、実にありがたい。見せ場が全てスローモーションになって欲しくないけど、これくらい短いスローなら全く気にならないし、むしろアクションを見るには適した速度だと思うんですよね。

 

カチャカチャしたアクションより、じっくり見せてくれるのが本当にありがたいです!!!

 

f:id:Machinaka:20190209184908g:plain

https://thumbs.gfycat.com/RipeHappyBanteng-max-1mb.gif

 

 

武器と必殺技が素敵すぎる

何と言ってもトライデントを出してきたシーンですよ。このトライデント。水に滴る良い武器じゃないですかもう、、、

 

さっきも言いましたが、トライデントを取るまでの設定が最高なんですよ! 最強の武器を取るためには、必ず見張り番というか、守り神的な怪物がいるもんですよ!

 

単純に敵のアジトに潜入していくんじゃなくて、守り神との一悶着、、これぞ燃える展開じゃないですかぁ!!!! 

 

f:id:Machinaka:20190209184647g:plain

https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi164yVr67gAhVmh-AKHdXjBosQjRx6BAgBEAU&url=https%3A%2F%2Fthemarvelincblog.wordpress.com%2F2018%2F12%2F31%2Fweekend-movie-reviews-aquaman-non-spoiler-review%2F&psig=AOvVaw2OwQ7cyw8ZwmkWCjFiyYu-&ust=1549791936776296

 

このトライデントを使って、師匠から教えてもらった「秘技!アクアシールド!(勝手に命名)」
 で敵の攻撃を弾くシーンとか、、もうサイコーーーーー!!!!

だってあれ、ただトライデントを回してるだけに見えるじゃないですか? でも、あれ実は超絶高速回転してて、あまりの早さにゆっくり見えるだけなんでしょ?

 

あとはアクアマンのヒロインであるメラの青いビーム。。「アクアビーーーーーームッ!!(勝手に命名)」たまんないです。

 

あれ俺にも教えてください!!! メラゾーマは無理だけど、メラならできそうなんですよ、俺!!!

 

ビーム攻撃とか、俺どんだけ練習したことか分かんないですよ、もう。

 

いろんなヒーロー映画とか超能力ものの映画でも、手からビームとか出しまくってるんですけど、どうしても最近の映画だとスタイリッシュになっちゃうんですよ。今作みたいにじっくり決め技として見せてくれないからね。

 

そりゃビームなんてスターウォーズにもありますよ。でも、手からビームは出さないでしょ? 

 

俺はねぇ、手からビームが出てくるのが好きなんですよ! 

俺は手からビームを出したいんだよ!!!

 

そんな妄想を「持ち続けて」、早30年ですよ全く。。。 

 

これを映像化してくれたのが、本当によかったんです。

 

 

 

 

なぜアクアマンで俺たちは興奮するのか?

 

↑はタイトルに付けてしまったんですが、もうここからは読まなくてもいいんです。 読むだけ時間の浪費です。

 

すごくどうでもいい話なんです。

 

 

 

いやね、なんでここまでアクアマンの武器とか必殺技に興奮するかって、、、

 

水を使えば、俺たちも必殺技出せるじゃないですか?

 

 

 

 

・・あれ、俺だけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺ね、未だにプールとか温泉に行くと、

 

「アクアソオォォォォドおおおおお!!!!!!」

 

とか言って、水中で水を切ったりするんですよwww

 

 

あとね、あとね、両手を使って

 

「ハドウゥゥケンっ!!!」

 

これ、俺のおハコですww かなりの量、出せますwww

 

 

あとは水を思いっきり殴って波を作り、

 

「マリンガードぅぅ!!!」

 

これも大好きな技ですww

 

 

つまりね、水の中で妄想必殺拳を繰り出している俺としてはですよ、

 

いつも俺たちがやってる水中必殺拳を、ハリウッドが超絶美麗なCGにして色をつけてくれた、と思ってしまってるんですよww

 

 

 

俺がよくやってる水中の必殺技と、アクアマンの武器とか技って、すごく親近感があるというかwwww

 

 

まぁ、俺として「いつもやってる技が、あんなにカッコよくなってる!!」って興奮しちゃうんですよ。

 

 

 

 

・・・みんなもやってるよね!?水中必殺拳!?

 

 

 

 

 

唯一の欠点

そんなオイラからしたら、この映画で唯一不満が残ってるんですよ。

 

それは、アクアマンのトライデントにメラのアクアビーム(勝手に命名)が合体してない件

 

 

いや、普通に考えてさ、トライデントの物理的攻撃力と、アクアビームの魔法攻撃力を掛け合わせたら、もう敵なしでしょ!?!?

 

ってか、そっちの方がかっこいいでしょ!? そっちの方がさぁ、、、、、

 

 

 

DCさん、、、そういうとこだよ!!!

 
 
 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 20155,machinaka.hatenablog.com