Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け









映画「バンブルビー」4DXネタバレあり感想 マイケル・ベイ監修?ド派手4Dに俺の体が変形しそうに

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「バンブルビー」の4DXネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
初めてのトランスフォーマーシリーズ4DXです!! マイケル・ベイの時はカーアクションも多いし、最高だったんだろうけど、その時には見てませんでした。。
 
トランスフォーマーということで、激しいアクションに期待です! バンブルビーはちっちゃいけど、ド派手にやってくれると信じてます!!

 

映画本編の感想はこちらです。

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 
 目次
 
 
 

[はじめに]

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回批評する映画はこちら!

 

「バンブルビー」4DX

 
 

f:id:Machinaka:20190321094801j:plain

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
 
トランスフォーマーシリーズで4DXはハズレなしだろ!!!!!! 絶対楽しいでしょ!!!!!! 
 
う見る前から言います、オススメです!!!!!
 
 
 
 
・・・はい、バンブルビーはおろか、まだトランスフォーマーシリーズの4DXを見たことすらないMachinakaでございます。
 
マイケル・ベイから離れ、新たにトラビス・ナイトという期待のホープ(KUBOなどを作ったアニメーション作家)が監督をしています。
 
ぶっちゃけ、あまり評価が高くない作品ではありましたが、マイケル・ベイを離れた途端に高評価www
 
RottenTomatesでは評論家の評価はなんと93%!!
 
信じられないです、トランスフォーマーなのに・・
 
すでに前評判の高い映画を、トランスフォーマーの派手なアクションを、なんと4DXで鑑賞できるという喜び・・・
 
木曜祝日のせいか、非常に混雑した中で(お台場で混雑するって珍しいんだけど)、鑑賞してまいります!!!
 

それでは、「バンブルビー」4DX、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 
 

作品情報

 
・大ヒットSFアクション「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター、バンブルビーを主役に、シリーズの始まりを明らかにする物語。シリーズ1作目の主人公サムとバンブルビーが出会う以前の1980年代を舞台に、バンブルビーと人間の少女チャーリーの交流と友情、彼らに待ち受ける予想外の運命を描く。
・父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。
・驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。
・アカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画「KUBO クボ 二本の弦の秘密」で知られるトラビス・ナイト監督が、自身初の実写映画監督として手がけ、「トランスフォーマー」シリーズでは初めてマイケル・ベイ以外の監督がメガホンをとった。少女チャーリーを演じるのは、女優・歌手として人気を集めるヘイリー・スタインフェルド。。

eiga.com

 
 

 

 

 

 

 

トランスフォーマーは4DXのためにある

  
 

4DXの記事を書くときに、もはやテンプレになってる下りですが、ちょっと書かせてください。リンク貼らせてくださいwww

 

 

私はこれまで、数多くの4DXを体験してきてました。

 

 

おすましペガサス映画「ミッションインポッシブル6フォールアウト」ネタバレなし感想解説 4DXとトムが酷暑をハック

 

おすましペガサス映画「ジュラシック・ワールド2炎の王国」ネタバレなし感想解説 4DXしか味わえないアノ恐竜のアレ

 

おすましペガサス映画「ハンソロ スターウォーズストーリー」4DXネタバレあり感想解説 4DXで、ソロは輝く 

 

おすましペガサス【保存版】4DXとMX4D、真の4Dはどっちか徹底比較!オススメの4Dは?4D映画館一覧表付き!

 

おすましペガサス映画「デッドプール2」を4DXで観るべき4つのDX(デラックス)な理由/第4の壁を超えていけ!

 

おすましペガサス映画「メイズランナー最後の迷宮」(4DX) ネタバレなし感想解説 長いマラソン、お疲れ様でした

 

おすましペガサス4DX「ハイローHIGH&LOW THE MOVIE」感想ネタバレ やっぱ4DXだよ琥珀さん!

 

おすましペガサス映画「アントマン&ワスプ」ネタバレ感想(4DX) マーヴェルなのリアル路線だから生きる4DX!

 

おすましペガサス映画「ザ・プレデター」4DXネタバレなし感想解説 4DX史上最強の水撃に君は耐えられるか?

 

 

 

おすましペガサス映画「名探偵コナンゼロの執行人」4DX感想ネタバレあり解説 真の4Dは、いつも一つ! | Machinakaの映画夢日記

 

 おすましペガサス映画「ヴェノム」ネタバレあり感想解説 4DXナイス!ガイズ!俺たち映画ならず者! - Machinakaの日記

 

 おすましペガサス映画「ボヘミアン・ラプソディ」4DXネタバレあり感想 4dx are the Champion!!

 

 おすましペガサス映画「ファンタスティック・ビースト2黒い魔法使いの誕生」4DXネタバレあり感想 ファンタビ24DX上映館に魔法が掛かる!!

 

おすましペガサス映画「ドラゴンボール超ブロリー」4DXネタバレあり感想 4DXでスーパーサイヤ人に!映画とフュージョン! 

 

おすましペガサス 映画「シュガー・ラッシュ2 オンライン」感想ネタバレあり解説 プリンセス大集合!小ネタパロディ祭り! - Machinakaの日記

 

 

おすましペガサス映画「僕のヒーローアカデミア2人の英雄」4DXネタバレあり感想 4DXの『個性』で映画が100倍面白く! - Machinakaの日記

 

 

おすましペガサス映画「ファースト・マン」4DXネタバレあり感想 4DX映画館に初着陸せよ!ファーストクラスの究極宇宙体験! - Machinakaの日記

 

おすましペガサス 映画「アクアマン」4DXネタバレあり感想 映画館がアトラクションなアトランティス!4DXダイエットのススメ - Machinakaの日記

 

おすましペガサス 映画「アリータ バトルエンジェル」4DXネタバレあり感想 「銃無」しの格闘アクションが光る! - Machinakaの日記

 

おすましペガサス 映画「スパイダーマン:スパイダーバース」4DXネタバレあり感想 アカデミー賞映画を4DXで見る贅沢!4DXで映画は新たな時代へ! - Machinakaの日記

 

おすましペガサス 映画「キャプテンマーベル」4DXネタバレあり感想 猫と炎に抱かれて悶えろ!熱風飛び交う激アツ映画体験! - Machinakaの日記

 

 

  

 

計:23本目。これで、24本目。

 
 
トランスフォーマー、どう考えても4DXとの相性抜群ですよね。
 
トランスフォーマーは車とロボが合体した素敵な宇宙の生命体なんですよ。
 
ロボから車へ、車からロボへ。
 
つまり、ロボットアクションとカーアクションが同時に楽しめるというね。
 
男の夢っ!!!
 
乗り物好きにはたまらない映画ですよ。
 
ただし、実写映画としてはね、これまでマイケル・ベイが取り仕切って作ってきたせいもあって、とにかく無駄にド派手にしたり、カットが細くて大きい騒音のような音が流れて、やたらとヒップホップが流れて、トランスフォーマーたちがなぜか黒人のような話し方でYo, メ〜ン!!!って話すような映画なんですよw
 
とにかく無駄に疲れる映画なんですよww
 
マイケル・ベイのようなトランスフォーマーで4DXを見たら、おそらく体が持たないと思うんですよね、ハイ。
 
今回のバンブルビーの監督のトラビス・ナイトさんはKUBOという大傑作のストップアニメーション映画を作った人なんですよね。
 
どう考えてもトランスフォーマーとは結びつかないんですけどw
 
だからねぇ、ストップモーションアニメのように、コマもじっくり、ゆっくり、壮大に作ってくれるんじゃないかなぁと期待しておりますよ。
 
全く新しいトランスフォーマーを、まさかの4DXで鑑賞してまいりました!!!
 
 
 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 
 
 
 
 

4DXの感想

 
おいおいおいおいおいおい!!! 
 
こ、こんなに過激にシートが動くなんて・・・想像もしなかったよ。。 
 
 
聞いてないぜ!!!!!! マジで!!! 
 
 
まさかこれ、4DXだけはマイケル・ベイが監修してんじゃねぇの!?  
 
4DXのモーションレベル9(MAX)で贈るロボアクションとカーアクションに、俺の体が変形(トランスフォーム)しそうだったぜ。。。 
 
ポップコーンに蓋をせよ!! 絶対に4DXで見るべき映画だっ!!!!
 

 

 

 

 

 

マイケル・ベイが乗り移った

 
半端ないよ・・
 
すげぇよ。。。
 
本当に、これまで多くの4DXを見てきましたが、シートの揺れの激しさでいえば歴代ナンバーワンじゃないでしょうか?
 
調べてみると、どうやら4DXのモーションシートのレベルの中でも最も激しいレベル9を採用したようで、これが現状の4DXでできる最強の揺れを再現したようなんですよ。
 
ちなみに、レベル9はドラゴンボール超ブロリーから採用してるみたいなんですけど。

 

www.machinaka-movie-review.com

 

トランスフォーマーが動くたびに吹き飛ばされそうになるほどのシートの揺れ。3軸モーションだから左右・上下・そして回転も加えて、まるで映画の世界の中にいるような感覚に陥りました。

 

現実では絶対に体験できない、遊園地でも体験できないようなシートの揺れが、あなたを襲います。

 

どのような揺れか、そりゃあもう形容できないほど、激しい揺れだったんですよ。

 

シートの揺れをうまく説明できないので、他の映画とは違った劇場体験をお話しすると、、

 

普通映画館のスタッフの人はあまり見回りに来ないんですけども、今回のレベル9の4DXに関しては、一席一席入念に確認して、観客の姿勢をチェックしに来たんですよねww

 

あれ、こんなにチェックしたっけ? 別に悪いことしてないんですけど、何故か妙にソワソワしちゃう自分がいました笑 

 

 

ただ、シートの揺れに関して間違いなく言えるのは、ディズニーランドのスターツアーズよりも、何倍も激しい動きだったのは間違いありません。しかも4DXは映画を上映しているので、2時間スターツアーズよりも激しい動きが続くんですよ。

 

しかも待ち時間なしで笑

 

下手な遊園地行くよりも、こっちの方がいいに決まっていますよ本当に( ^ω^ )

 

トランスフォーマーということで、これまでマイケル・ベイが監督で無駄にド派手なシーンばっかり写してくれたじゃないですか。

 

今回のバンブルビーはマイケル・ベイと違って、非常に適材適所でアクションを入れてくれるんです。「とりあえず車爆発させとけばいいっしょ!」的な発想じゃないんです。

ちゃんと人間ドラマも入れてくれて、4DXながら見やすい映像を作ってくれてもいるんですよ。

 

ただねぇ、アクションシーンだけはもうマイケル・ベイが乗り移ったかのように、そこだけマイケル・ベイが監修したような過激映像体験ができてしまうんですよ。

 

みなさん!! 

4DXならマイケル・ベイでも会えるんだよ!!

 

 

 

 

変形するたびにシートが跳ねる、鼓動が高まる

 
今回一番注目して頂きたい機能は、4DXの中でも一番ベーシックな機能なシートの揺れです。
 
下記画像では、ロール・ピッチ・ヒーブなんですけど、全然この画像じゃ伝んねぇ。。。
 
f:id:Machinaka:20190113191052p:plain
 
とにかく、今回のバンブルビーはシートが揺れる、ではなくシートが跳ねるという表現が正しいんですよ!!
本当に吹っ飛ばされそうになるんですよ!!!
 
今回の4DXは馬ですよ、馬!!! 馬に乗ってる気分ですよww
 
 
些細な動きでも4DXはシートに回転を加えることで有名なんですけども、今回は変形シーンの短い時間でもたっぷりとシートが「跳ね」てくれるんです。
 
ロボから車に、車からロボに「ガチャィィィイィン」って変形するわずか1秒のシーンでもシートが左右に跳ね、上下に跳ね、まるで自分自身が変形してるような気になるんですよ!!
 
てか揺れが激しすぎて、もう自分の体が変形してしそうなんですけどもww
 
でもね、こんな体験できるのは4DXだけですからね!
 
トランスフォーマーの変形を、自分の体で体験できるこの喜び・・ 
 
自分がトランスフォーマーになって変形しているような体験を4DXのシートを通じて体験できるんですよ皆さん!!!
 
 
 
 
 
 
 

ロボアクションとカーアクションを一度に

 
トランスフォーマー映画の特徴といえば、ロボと車のアクション両方が見れるところ。
 
まぁロボットが出るアクション映画って大概、車のアクションも見れるから他の映画と同じじゃんって思うかもしれないけども、、
 
トランスフォーマーは違うんですよ!! 
一人のキャラクター(ロボ)が車に変形しアクションをやってのける同一性アクションの喜び!
ロボと車の中間地点のような形態でロボアクションとカーアクションをやってのけるのが本当に最高なんですよ!!
 
冒頭からびっくりします。今作はバンブルビーが主役なんですけど、最初はバンブルビーだけじゃなくてオプティマスプライムも出るんですよ!!!
 

 

トランスフォーマー SS-30 オプティマスプライム

トランスフォーマー SS-30 オプティマスプライム

 

 

オプティマスプライムは敵と戦ってるんですけど、明らかにバンブルビーが動いてる時よりも激しいんですよ!!

 

なんならバンブルビーよりオプティマスプライムが出るシーンのほうが4DX的にピークなんですよww

 

 4DXを作る人も「小型のバンブルビーよりオプティマスプライムの方が激しくないと」って思ったんでしょうかね笑
 
まだ冒頭でシートの揺れに慣れてないせいもあったと思うんですけども、あの揺れ方はこれまで体験したことのないほどでした。
 
さすがはオプティマスプライム!バンブルビーよりも遥かに高いパワーとスピード・・・・
映像と音響で見ても、オプティマスプライムの絶対的強さは伝わってくるんですけど、これを4DXで物理的に表現していたのがナイスでした。 
明らかに、オプティマスプライムとバンブルビーでN(ニュートン)が違いましたからね
 
 
・・・ここまで言っちゃうとバンブルビーの面子が立たないんで、ここから名誉挽回しますね笑
 
バンブルビーはですね、最初は確かにオプティマスプライムの影に隠れるような、弱々しいロボなんですよ。
勇猛果敢に攻める時もあるんですが、どうにも冒頭のオプティマスプライムを体験した俺にとっては、あまり体に響くものはなく。。。
 
が、映画後半になってバンブルビーがキャプテンマーベルのように覚醒するシーンがあるんです。
 
バンブルビーの優しそうな目(●・●)が、荒々しい目(`ω´ )に変化した途端、オプティマスプライムのような激しい動きがシートに伝わってくる。
 
うおおおおおおおお!!! ドロップキックとプリッツウィングをぶん殴るシーンは、もう心ここに非ずならぬ、体ここに非ず・・・ バンブルビーのパンチ・キック、そしてビーム砲。。 どれをとってもオプティマスプライムのごとき、もはやオプティマスプライムを超える激しいアクションをやってくれて、本当に感謝しかありません。
 
正直、戦闘力で言えばバンブルビーはオプティマスプライムに勝てません。しかし、今回はバンブルビーが何よりの主役。
 
精神的にはバンブルビーが最強だと信じたいんです。それを4DXのアクションで、バンブルビーの強さを底上げしてくれるような、そんな感覚さえ覚えました。
 
 
また、カーアクションも素晴らしく、ロボアクションと同様に満足感半端ないです。
今回のカーアクションの特徴は「オフロードの走行」。
 
普通の道路からガードレールを外れて、山道を、道無き道を進むバンブルビー。
 
普通の車なら、どれだけ頑丈な車でもオフロード走行って限界があるんですよ。
 
木にぶつかったり、タイヤがパンクしたり、絶対にどこかで自然に負けてしまうのが普通ですよね。
 
でも今回オフロードで走る車は、皆さんご存知の通りバンブルビーなんですよ!!
 
今作では最強キャラになってるバンブルビーによるオフロード走行。。自然に負けるわけがないんですww
いわばなんでもありの最強の車に乗ってカーアクションしてるんですよね。だから余計にシートが揺れて揺れてもう、、リアルに車酔いしそうでしたww
 
 
 

サンフランシスコという地形が4DXに適している

そんな最強なバンブルビーが走る舞台は、なんとサンフランシスコ!!
 
サンフランシスコの街は、激しい谷地形が多いことで有名なんですよ。
 
これはベイマックスのサンフランソワトウキョウを見ても、傾斜の凄さがわかったんじゃないでしょうか。
デッドプール2もすごいですけど。
 
 
 
この急激な谷地形で、バンブルビーが激しいアクションをするんですよ?
 
これどうやったって、4DXに向いてる街なんですよね!!
 
 
サンフランシスコが舞台の4DX映画は絶対に見るべし!!!
 
 
 
 
 

まとめ

 
・・はい、見る前は少し不安だったバンブルビーですが、4DXで大変楽しめることができました。
 
まとめます!
 
 
・トランスフォーマーが変形した最強の車による最強のカーアクション(オフロード走行)
・1秒足らずの変形シーンでもがっつりシートが動く気配り
・バンブルビーの強さを4DXで底上げ
・サンフランシスコという谷地形を活かした激しいアクション
・4DXならマイケル・ベイに出会える
 
 
以上です!! ご覧いただきありがとうございましたー!!

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 20155,machinaka.hatenablog.com