Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「マチネの終わりに」ネタバレあり感想解説と評価 壮大な海外ロケに見せかけたフジテレビの慰安旅行

  
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「マチネの終わりに」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

ネタバレありで感想と解説を始めます

 
 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「マチネの終わりに」

 
 

f:id:Machinaka:20191029195527j:plain

(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク
 
どうでもいい話ですが、「マチネ」と見ると勝手に「マチナカ」と読み違えてしまって、「マチナカの終わりに」というタイトルを勝手に脳内再生してしまっています。どうも、マチネじゃなくマチナカでございます。
 
 
石田ゆり子と福山雅治、合わせて100歳以上ですって。
 
どうすればこんな年の取り方できるんでしょうか。石田ゆり子が最近活躍しすぎて、福山よりも石田さんの方に目がいってしまいます。
なぜ誰も、この大復活を不思議に思わないんでしょう。
 
ねぇ、50ですよ。石田さんも。
 
ただねぇ、、、結構タイプなんですよ。涼しげなお顔をされてるじゃないですか。夏でも汗かかなそうな。私アセッッかきなんで、石田さんが近くにいたらクーラーいらなそうだなぁって。はぁ、、ハァハア。はぁぁぁぁ。。。
 
そんな妄想はさておいて。
 
 
フジテレビ制作だっけな?これ。
 
石田ゆり子もフジのトレンディドラマで、福山雅治も「ガリレオ」をはじめフジテレビに貢献してきた人が主演ということで。。
 
身内感が拭えんよ!!身内しか見えないよ!!
 
そういや、こないだもフジテレビ制作の映画があって、監督や役者が揃ってフジテレビで番組作ってきた人だったような。。
 
もう、記憶にないけど。。
 
 ということで、見る前から非常に不安でございます。
 
フジテレビの本気は見れるのか? いや、むしろ本気を見たくないような。。
 
頼む、頼むから変なことしないでくれ!!
 
普通の映画であってくれ!!!
 
不安と不安が入り混じる、、あれ? 不安しかない?
 
 

それでは「マチネの終わりに」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる。しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、蒔野と洋子の思いはすれ違っていく……。蒔野役を福山、洋子役を石田がそれぞれ演じ、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。

eiga.com

 

 
 
 
  
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 

映画の感想

パリ、マドリード、ニューヨーク。
 
なんともシャレオツな街で起きる大人の恋愛。
 
シャレオツな俳優、シャレオツな職業、シャレオツな美術、シャレオツなセリフ。
どれをとってもシャレオツで見る人全てがうっとり憧れ。。 
 
もう、映画がどうなってもいいわよぉぉ〜〜〜と、一瞬思い込んでしまう画力は認める。 
 
が、映画中盤で事態は一変する。
 
シャレオツな空気に紛れ込んだ、なんとも懐かしいトレンディドラマ感に少し安っぽさを感じてしまう一面も。
 
シャレオツと最後まで思い込めた人は勝ちの映画。
俺みたいに粗を探し始めたら、負けな映画でございます!
 

 

 

 

 

 

 

 

シャレオツな雰囲気、だけが漂うが結局トレンディドラマ

 

見るお前が悪い、とは言わないでください。。

 

石田ゆり子に興味がなかった、といえば嘘になります。それくらい単純な理由で見に行ったんです。。

 

なんともオシャレな雰囲気漂う予告通り、東京・パリ・マドリード・ニューヨークで繰り広げられるアラフィフの恋愛映画ではあるんですが、身も蓋もないことを言ってしまうと、、、、

 

トレンディドラマですね!これ!

 

・福山雅治は世界を股にかけるクラシックギタリスト、石田ゆり子はパリの通信社に勤務するジャーナリスト。両方とも、カタカナの職業。

 

・レコード会社、マスコミ。なんとも都会感あふれる職業

 

・「君が僕の人生に貫通してきたんだ」など、少女漫画に出てきそうな小っ恥ずかしいセリフ達

 

・くっつきそうでくっつかない恋愛。横槍を入れる第3の女。

 

 

画自体はすっごいオシャレな雰囲気ではあるんですが、中身はバブル期のトレンディドラマの様相を呈していて。。これに気づいてしまうと、安っぽさだけが目立ってしまうんですよ。

 

突発的に始まる恋を否定するわけじゃありません。もちろん、アラフィフの大恋愛を否定するわけでもありません。

 

僕が言いたいのは、ただ一つだけ。

 

画に台本がついていってないのよ!

 

フジテレビの慰安旅行かなんだか知りませんが、海外ロケお疲れ様でした。ついでに石田さん英語とフランス語お疲れ様でした。

 

せっかく海外でロケしてるのに、結局メインキャストは日本人キャストだけ。というかフジテレビと東宝のお気に入りだけ。

海外の美しい風景もほとんど撮らず、せっかくの背景にぼかしを入れまくる始末。

 

うーん、海外でやる意味があったのか?と疑問符を呈してしまいます。

 

演出はですね、先ほど申した通りトレンディドラマ感満載のため、現代を生きる我々にとっては酷く幼稚に感じてしまいます。

 

テレビ的で分かりやすい表現を目指したのかな?とにかくメインキャストが必ずどこかで叫びます。叫びまくります。

 

失恋したらすぐにうおおおおおああわわわわぁぁぁぁんん!!と、泣き叫びます。

 

え〜と、泣いてるところ申し訳ないんですが、泣きたいのはこっちの方です。

 

・大事な心情表現は泣き叫ぶだけ

・大事なメッセージは、ショートメールで済ませる

・もちろん、ショートメールにはナレーションが付いてる親切対応!

 

せっかくの海外ロケ、せっかくの福山&石田コンビが台無しになってしまいました。。辛いです。

  

 

 

 

「映画撮るなら海外で!」テレビ屋の発想が物騒

 

フジに限らず、日本って「映画撮るなら海外で!」ってノリがすごいあると思うんですよ。不用意に海外でやろうとするノリがまだあるんですよ。

 

「あぶでか」のラストとか、「おっさんずラブ」のオープニングとかね。

 

www.machinaka-movie-review.com

www.machinaka-movie-review.com

 

今作もパリ、マドリード、ニューヨークと世界各国の街を舞台に繰り広げられるんですが、どうも今作もテレビ屋の発想がプンプンして仕方がないのです。

 

なぜなら、海外でロケを撮る意味がまるでなかったから。

 

外ロケが大変なのはわかります。福山雅治の職業がギタリストだから、屋内で話が進行してしまうのは分かります。

 

それにしても、、せっかくの海外なのにほとんど屋内でやりすぎですよ!だったら国内だけでいいじゃんよ!なんで海外でやるのよ!

 

数少ない外ロケといえば、パリで起きたテロ現場に取材する石田ゆり子のシーンと、ニューヨークのセントラルパーク(的な)公園で福山雅治と石田ゆり子が出会うシーン。

 

普通の街で、ロケできんかね!?海外だったら主演の二人もあんま知られてないでしょう、大丈夫でしょう。せっかく海外でやってんのに、もったいないなぁと。

 

何より、海外のキャストと何ら深い関わり合いがないんですよ、この映画。

 

・石田ゆり子の同僚は、社内で会ってすぐバイバイしちゃうし(いろんな意味で)

・福山を評価するニューヨークの音楽関係者も、福山と一言も交わさないし

 

結局全部、日本キャストだけ。ロケが海外でやってるだけ。なんの意味もないんですよ!これ!

 

これ言っていいのかなぁ、、ぶっちゃけこれ、慰安旅行じゃありませんか?

フジテレビの関係者や、雇われのスタッフ・キャストは日々多忙な業務に疲れてることでしょう。特に石田さん、最近毎日お顔を拝見してますよ。

せっかくなら、海外行って疲れいやしちゃいますか!?的な発想でロケしてるんじゃないですか?

ごめんなさい、変な見方をしてごめんなさい。でも、そう言われても仕方ないほどのクオリティだったんですよね。。

 

正直僕からしたら、伊勢谷友介と福山雅治には英語、石田ゆり子にはフランス語を話させるための海外ロケだったのかなぁと勘ぐってしまうほどです。本当に、海外でやる意味はあったのか? だったらもっと制作時間にかけるとか、脚本をブラッシュアップするとか、撮るシーンを増やすとか、いろいろあったんじゃないのか?

 

必ずしも映画だから海外にいく必要はないんだよ?制作の偉い方?

 

アンダルシア 女神の報復

アンダルシア 女神の報復

 

 

 

 

 

鑑賞中に思い出した映画

 

 

 

「スマホを落としただけなのに」

 

スマホ さえ落とさなきゃ、福山と石田はもっと早く付き合ってたんだよ。幸せになれたんだよ。。そういう意味では、今作はスマホ落とした映画としては屈指の恐怖描写があります。

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

「ビフォア」シリーズ

 

パリで関係が深まっていき、時系列が何段階もあるって点で。 

 

ビフォア・サンセット(字幕版)
 

 

 

 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com