Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「真実」ネタバレあり感想解説と評価 是枝監督初フランス作!ドヌーヴに首ったけ!

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「真実」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

ネタバレありで感想と解説を始めます

 
 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「真実」

 
 

f:id:Machinaka:20191010201559j:plain

(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

 

 
是枝裕和作品とあれば、真っ先に初日に鑑賞しに行く私。
 
確か「海街ダイアリーズ」から見ていると思います。
 
「万引き家族」で一気に名前が知れ渡ったけども、そんな大々的に公開される作風ではないのは確か。ただ、主演がとにかく豪華だから、全国公開されるのも納得。
 
作家性と商業性を兼ね備えた監督は稀有な存在で、これからも是枝監督を応援したいと思ってます。
 
実は、これが樹木希林さんが死去されてから初の是枝作品鑑賞です。
 
しかもフランス人スタッフ・キャストを使ったれっきとしたフランス映画らしく、まだまだ新たな挑戦を見せる監督に驚きを隠せません。
 
 
 
 

それでは「真実」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、初めて国際共同製作で手がけた長編作品。母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描く。フランスの国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版し、それを祝うためという理由で、アメリカに暮らす脚本家の娘リュミールが、夫でテレビ俳優のハンクや娘のシャルロットを連れて母のもとを訪れる。早速、母の自伝を読んだリュミールだったが、そこにはありもしないエピソードが書かれており、憤慨した彼女は母を問いただすが、ファビエンヌは意に介さない。しかし、その自伝をきっかけに、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く真実が次第に明らかになっていく。女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブ、娘のリュミールをビノシュが演じた。そのほかリュミールの夫ハンク役でイーサン・ホーク、ファビエンヌの共演女優役でリュディビーヌ・サニエら実力派キャストが顔をそろえる。2019年・第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品。日本人監督の作品として初めて、同映画祭のオープニング作品として上映される。

eiga.com



 


【公式】『真実』10.11公開/本予告

 

 
 
 
 

 

 

生ける伝説が主人公

 
実は今作は、2003年に始まっています。
 
「誰も知らない」を撮ったあと、是枝監督が今作のプロットを書き始めたそうです。
 
そしてフランス人女優ジュリエット・ビノシュから監督にお誘いがあり、今作をフランスで撮ろう、と決まったようです。
 
黒沢清監督もそうですが、卓越した日本人監督はフランスに行く流れなんですかね。。
 
主演はなんと!フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴ。。
 
 
俺的には、(ベタだけど)「シェルブールの雨傘」と「ロシュフォールの恋人たち」に出演してた女優が令和の今になっても第1線で活躍し続けてることに本当に感動しています!!!
60年代の映画に出ている女優がまだ活躍し続けるって、凄いことですよ本当に。

 

シェルブールの雨傘(字幕版)
 

 

 

まだ見てない方はぜひご覧になって。フランス映画のニューシネマ、ヌーベルバーグを支えた素晴らしい作品たちです。

 

特にロシュフォールの恋人のド派手なカラーリングは、人生ベスト級だと思ってます!!!!!

 

まぁ、赤と黄色で派手な色使いしても、喧嘩することなく調和していて、とにかくお嬢雨品なイメージが漂うんだよなぁ。。。

 

はい、もはやドヌーヴ関係ありませんがwww 

 

そんな昔の映画から活躍しているドヌーヴを、もちろん年下の是枝監督がどうやって使ったのでしょうか?

 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 

映画の感想

 
・ナチュラルすぎる子役の演技
・調理シーンの撮り方
・フィルムの質感・ノイズ
・なんだかダメな男が主人公
・樹木希林的なボス女優w
 
 
どれをとっても是枝監督!
 
フランスでも是枝印が全面に出た、是枝監督好きなら間違いなく楽しめる一作!! 
 
「真実はスクリーンだけ」
「現実に逃げる人は女優になれない」
 
超超ベテラン女優、カトリーヌ・ドヌーヴによる、演技なのか本音か分からない名言連発の意欲作! 
 
真実はこうも複雑で、前に進まないものなのかもしれないね。。。

 

 

 

 

 

大きな変化も展開もないのが、真実なのかも

 

こんなこと言っていいのかな?

昔から是枝監督作品って、実は万人ウケするような作りになってないんですよね。

 

主人公が成長するとか、価値観が大きく変わるとか、キャラクターの大きな変化があまりない、もしくは見えづらいのが特徴。

 

今作の主人公であるカトリーヌ・ドヌーヴは、娘であるジュリエット・ビノシュや劇中映画のロケに影響を受けて、「母とは何か?」や「真実を公表すること」について少しばかり考え方を変える仕草は見せるんですよね。

 

・・が、結局は女優魂が再燃するところで映画は終了。結局根本的な解決や進展は何もなく、むしろ周りが少し成長するようなラストで終わります。ただ、物語の大きな起伏はそんなにあるわけじゃない。少しだけ成長するようなそぶりを見せて、最後はお決まりのピアノBGMが流れてエンドロール。。

 

「万引き家族」のように分かりやすいラストやメッセージがあるわけでもなく、タイトルの「真実」について直接的な回答を見せるわけでもないんです。

なんだか最後はハッピーエンドに見えるけども、これからも夫婦のいざこざは続くだろうし、母娘の溝が埋まることもない、かもしれない。

 

でも、それくらいがリアルだと思うんですよね。分かりやすい成長譚のような作りにはしないんですよね。樹木希林さんも、映画の中で成長するような描写もないし。

ドヌーヴは一生、「女優」として生きてくんでしょう。スクリーンの中だけに真実を追い詰めていくんでしょうね。

 

ドヌーヴは劇中でも女優を演じ、撮影している映画の役所が「歳をとらない母の元に生まれた娘」で、母と娘の年齢が逆転していくSF映画を撮ってました。

とても母親には見えない言動のドヌーヴを皮肉った内容にも感じましたが、別にこの劇中内映画がドヌーヴに多大な影響を与える、わけでもないんですよね。

 

これがすっごく不思議な作りに見えて。素朴なヨーロッパ映画って、まさに今作のようなことを言うんでしょうけど、これは万人ウケしないなぁ。。

 

分かりやすい物語展開に慣れてる人は、かなりキツいのかもしれない。

今作は「スクリーンにのみ真実がある」とドヌーヴに言わせていますが、真実のみをスクリーンに写したら、こうも映画的楽しさが抜けてしまうのかと思ってしまうのも正直なところで。

 

笑えるところも少ないし、泣けるようなシーンもない。ドヌーヴに大きな変化がないんですよね。

 

むしろ、変化を受けてるのはドヌーヴの周りの家族たちなんですよね。特にイーサン・ホークは、ドヌーヴに大きな刺激を受けたでしょう。今はテレビ中心の俳優らしいですが、映画の現場を見てハッとさせられる場面は多いのでは?

  

 

 

是枝印がたっぷり

 

当たり前ですが、フランスでも是枝監督印たっぷりでございました。

 

【夫の描き方】

顔はいいのに妙にダメな空気を出してる夫。これって是枝作品では定番の役所ではありますが、これをイーサン・ホークが演じてくれるとはねぇ。。

 

仕事は微妙だけど子供をあやすのが上手いって、「そして父になる」にリリー・フランキーのキャラクターに近いなぁとww

イーサン・ホーク=リリー・フランキーとは思いたくないですけどねww

 

そして父になる

そして父になる

 

 

ただ、海外の俳優であれば、是枝監督の望む父親役を演じるのはイーサン・ホークが適任かもしれませんね。あれこそ、演技でやってるのか素でやってるのか分からないですよwww

てか、個人的にドヌーヴの演技よりもイーサン・ホークの演技のうまさに驚くばかりでしたよ。あんなに上手に子供と遊べる人、他にいますかねwww

 

「6歳のボクが大人になるまで」でも子供と遊ぶのうまかったもんなぁ〜

 

 

6才のボクが、大人になるまで。 [DVD]

6才のボクが、大人になるまで。 [DVD]

 

 

【調理シーンでキャラを伝える】

あとは是枝監督といえば調理シーンですよね。必ず調理シーンが入る。しかもすっごく家庭的な料理を作るシーンが入るのが特徴で。

 

今回はイタリア料理でしたけども、あそこでイーサン・ホークの家庭的すぎる場面。ゆえに奥さんが仕事の鬼のように見えてしまう演出が上手でしたねぇ。奥さんは調理しないですからねぇ。。

 

【ピアノベースの朗らかなBGM】

 

是枝監督いえば、ピアノを基調とした朗らかなBGMが特徴

 

今回もなんども流れてましたねぇ

 

あれを聞くと、なんだか前向きな気分になるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

鑑賞中に思い出した映画

 

まず思ったのが、「アクトレス女たちの舞台」っぽいなぁと。こちらもベテラン女優の隠れた私生活を描いているんですけど、これジュリエット・ビノシュがやってるんですねw

 

この映画の主演経験があったからこそ、是枝監督に話を持ちかけたのでしょうかね? 

「フランスならドヌーヴでやってみたいのよ!」ってw

 

アクトレス ~女たちの舞台~ [DVD]

アクトレス ~女たちの舞台~ [DVD]

 

 

 あとは何より、ビリー・ワイルダーの「サンセット大通り」ですよねぇ。

 

大ベテランの女優、そして彼女に仕える運転手兼執事のおじいさん。この構図、サンセット大通りのグロリア・スワンソンとエリッヒ・フォン・シュトロハイムみたいだなぁと。

事実、監督はサンセット大通りを何度も見返したそうです。これに勝る、横柄な女優もいないもんなぁ。。そもそもですね、この役を進んでやりたい人って少ないと思うんですよ。少なからず、ネガティブなイメージがついてしまいますからね。

ただ、快諾したドヌーヴは本当に器の大きい人だなぁと思ってしまいます。

 

サンセット大通り [Blu-ray]

サンセット大通り [Blu-ray]

 

 

 イーサン・ホークがヨーロッパで夫婦喧嘩してるくだりを見てると、どうしたって「ビフォア・ミッドナイト」を思い出してしまいます。あの時も、なんとも言えない微妙な空気が漂ってたなぁ。。ただあれはクロアチアですけどねw パリだったら、「ビフォアサンライズ」と「ビフォアサンセット」だったっけ?

 

 

 

 

はい、あまり見応えのあるシーンや物語は期待しないようにしてください。

これも是枝監督の演出ならではです。普通に見てたら気付かないくらい、微妙に変化しているはずですからね。

 

分かりやすい映画ばかり見ている人には、キツいこと間違いなし。ただ、役者の細かい演技の違いや子役の演技のつけ方は素晴らしいです。

 

是枝監督が好きな人はオススメです!!

 

 
 
 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com