Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「翔んで埼玉」感想ネタバレあり解説 郷土愛ならぬ郷土哀! むしろ千葉県ディスってるよね、これ

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「翔んで埼玉」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

はじめに

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「翔んで埼玉」

 
 
 
 

f:id:Machinaka:20190222181016j:plain

©︎映画「翔んで埼玉」製作委員会

 
 きてしまった!!!!
 
ついに、埼玉と千葉県の一騎討ちが始まる!!!!
 
 
首都圏にお住まいでない方には一切わからないと思いますが、、、
 
埼玉と千葉、どっちが上なのか・・・
 
ポツダム宣言受諾後も、埼玉vs千葉の冷戦は絶えず続いてきたのです。。
 
東京都は文句なしにナンバーワン!!
 
ついで神奈川県がナンバー2!!
 
そして、関東第3位はどこなのか、銅メダルを争う熾烈な競争が、今まで行われてきたのです!!!!!!
 
千葉県民「埼玉には海がない」
埼玉県民「千葉には新幹線がない」
千葉県民「成田国際空港があるから俺たちはグローバル」
埼玉県民「埼玉県の方が人口が多い」
千葉県民「ディズニーランドがあるから訪れる人口は多い」
埼玉県民「ディズニーランドは東京ディズニーランドなんだよ、千葉じゃない」
 
 
・・・・などなど、争ってはキリがない醜い争いがですね、近所の居酒屋だったり電車だったり、日本各地で勃発してるわけです!!!!
 
埼玉と千葉、どっちが上なのか!?
 
そもそも、何を争っているのか!?!?
 
 
関東出身じゃない俺が、冷やかし半分で見て参りましたー!!!
 
 
 

それでは「翔んで埼玉」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。

 

eiga.com


 

 


『テルマエ・ロマエ』の監督が贈るディスり合戦開幕! 映画『翔んで埼玉』予告編 /2月22日(金)公開

 
 
 
 
  
 
 

映画の感想

日本の劇場で、久しぶりに大爆笑が起きた!!!
 
千葉県と埼玉県の醜い争い! サバンナと化す群馬!
 
そして、スルーされる栃木と茨城www
 
超地域格差の争いで、勝利を掴むのはどこの県だ!?
 
 
千葉県推しの俺としては、埼玉ばかりマニアックな情報が入って、千葉県は海と落花生だけだと、、、、 ステレオタイプにも程があるだろぉぉ!!!!
 
柏と船橋は東京に勝てるんだよ!!!  柏は千葉の渋谷だって、学校で習わなかったかよ!?
 
埼玉をフィーチャーしてるのは分かるが、あまりにも情報格差があって、納得いかないよ!!!
 
 千葉対埼玉は、もっと平等に行われるべきだ!!!!!

 

 

 

 

映像から予算のなさが浮き彫りだが、アイディアでよく頑張った

はい、「テルマエロマエ」の製作陣が作ったこともあり、非常に期待してはいたのですが、予告編から予算の少なさが見え見えだった本作。予告編で良い絵を全て使い切り、本編では絵のショボさが浮き彫りになってしまう結果となってしまいました。。

 

が、これも仕方のないことです。だって埼玉がバックについてるんですからwwww

 

ごめんなさいね、埼玉県民さん。。

 

たしかに絵のショボさや俳優の演技の酷さ、これについては明らかに欠点だと言わざるを得ません。

 

が、絵のショボさに負けじと練りに練った「埼玉ディスワード」によって、劇場には笑いが絶えず、結果的に非常に満足できた映画でございました。

 

郷土愛ならぬ郷土哀が強調された、埼玉県民あるあるにツボりまくった映画でございました。

 

たしかに、埼玉って言われたら草加煎餅しか思いつかないんだよなぁ、、www

 

後は西川口の風俗。でも、風俗って名物なのか!? 

 

一方で東京の大都会感を強調し、埼玉と東京にほんとうに壁があるんじゃないかと思うほど、超地域格差が見えた作品でございました。

 

でもこれ、埼玉県民の人はどう思ってるんだろうか。。 

 

周りの人に聞きたいんですけど、俺埼玉県の友達って本当に少ないんですよ。

 

ただ、製作陣も最初から行ってますからね。お許しください、寛大な心で見てくださいって。

 

気になるのは、これを見た埼玉県議や市議会議員がどういう反応をするか。確か「万引き家族」には政界から大きく罵倒されたけども、今作はどうなるんでしょうね。

 

小池百合子さんは、どう思うだろうか。豊島区から出馬し、現在は東京都知事であるお方だが、日頃から埼玉県民と慣れ親しんだであろう、もしかしたら埼玉デュークかもしれないww

 

 

  

 

 

大げさで真面目な中に笑いあり

今作の最も評価すべきところは、仰々しい演技、声の大きさ、やたらと豪華な衣装。。 大げさで真面目なんですww 埼玉県の誇りを取り戻すという、非常に小さな野望の割にこの大げさな作り。。

こういうの、大好物ですwww

 

もうね、一つ一つのセリフが面白いんです。

 

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!!」

 

「貴様、埼玉だな?」

 

単に「埼玉」という言葉を発したにも関わらず、爆笑が起きる。

 

これぞ「さいたマジック」といったところか。

 

なぜか沖縄出身のGACKTが埼玉県代表をしてるのは、すごく違和感がありましたがww

 

たかだか埼玉を弄ってるだけの映画ですよ、それなのに、すごく面白いんです。

 

日頃から、我々関東に住む人は埼玉県民の自虐ネタ、千葉県イジリを聞いてるわけです。特に大学生の頃は、なんども埼玉と千葉との対決を聞いてきました。

 

そんな私からすると、これまで私が聞いてきた埼玉県あるあるが結集し、笑わずにはいられない作品でございました。

 

 

具体的すぎる固有名詞が笑いを誘う

・ナック5

 これ、どれだけの人が知ってるんでしょうか。埼玉県民なら絶対に知ってる、埼玉県民御用達のfmラジオ局。

埼玉県の人に、「ラジオ好き?じゃあどんな番組聞いてるの?」っていうと、ほぼほぼ「ナック5を流してるだけかなぁ」としか言わないんですよ!!

どんな魔力があるんですか、ナック5にwww

 

・与野は黙ってろ

さいたま市って、いまは合併してますけど、昔は浦和市とか与野市とかに分かれてたんですよね。でも、与野ってもともと小さいところなんで、どうしたって浦和市には勝てないんですよww

 

・常磐線

あんなslだったっけ? 茨城を経由するところで衝撃を受けるあたり、爆笑してしまいましたww

 

 

埼玉より千葉ディスだろ、これ

埼玉県だけすごい情報量で、千葉県好きの俺としてはすこし悔しかった、、

 

だって千葉県といえば、海と落花生って、あまりに貧弱過ぎませんか!?

 

千葉県には船橋があるって、何度行ったらわかるんだよwww

 

海を推しすぎだよ!!海を推すならさぁ、なんで「銚子」ってキーワードが出てこないのよ!!! それに、なんで「なのはな体操」が出てこないのよ!!! 

 

それにさぁ、デコトラとかバイクとかを出すなら、なぜ木更津を出さないのよ!?

 

木更津なら綾小路翔だっているじゃないですか!!!

 

海の幸だけじゃないよ、千葉県は!!

 

 

埼玉県民に対する俺の経験談

 

 

本当に、埼玉県民に対する侮蔑と嘲笑が詰まった、大変問題のある作品に見えるのは間違いありません。

でも、今作に対して怒る埼玉県民は絶対にいないはず。

 

なぜなら、最も埼玉県をバカにしているのは、埼玉県民本人だから!!!

 

埼玉県民の人って、マジで自虐好きなんですよ、東京都の人からしたら、本当に興味ないのに。。。

 
 
 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com