Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「ワイルド・スピード スーパーコンボ」ネタバレあり感想解説と評価 絶対に吹き替えで見るべき「くっだらない」理由

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「ワイルド・スピード スーパーコンボ」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

ネタバレありで感想と解説を始めます

 
 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回批評する映画はこちら!

 

 

「ワイルド・スピード スーパーコンボ」

 
 

f:id:Machinaka:20190801200446j:plain

(C)Universal Pictures

 

・・・なんだろうこのポスター、横並びで歩いてカッコイイはずなのに、笑えるんだよなぁ・・・

 

「ワイルドスピード」という名前が付いてるんですけど、あくまでもこれスピンオフです。

 

ヴィン・ディーゼル達が出るわけでもなく、ジェイソン・ステイサムとドウェイン・ジョンソンが主役。

 

こんなクソ暑い中で、こんな暑苦しい男達の映画を見る意味があるんでしょうか。。

 と思ったら、頭はキチンとクールビズしてるみたいですね。

 

キャッチコピーは「ぶっちぎりのアクション体験!」ってことなんですけど、誰も「ハゲによる激しいバトル!」って付けなかったんですかね。。。

 

はい、ダジャレで一度涼んでいただいたところで、評論に入っていきます!

 

 
 

それでは「ワイルド・スピード スーパーコンボ」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 
 

あらすじ

  
・メガヒットシリーズ「ワイルド・スピード」の通算9作目で、「ワイルド・スピード MEGA MAX」で初登場して以降、シリーズの顔となったドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスと、「ワイルド・スピード EURO MISSION」からシリーズに参戦したジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウがタッグを組んで挑む戦いを描く。かつては敵同士で何もかも正反対のホブスとショウが、いがみあいながらも、目の前に立ちふさがる謎の強敵ブリクストンに挑んでいく。ブリクストン役は「パシフィック・リム」「マイティ・ソー」シリーズのイドリス・エルバが務め、物語の鍵を握るショウの妹ハッティに「ミッション:インポッシブル フォールアウト」のバネッサ・カービー。監督は「ジョン・ウィック」「デッドプール2」のデビッド・リーチ。

eiga.com

 

 
 
 
 
 

 

スピンオフになったのは理由がある?

 
ワイルドスピード作品は今回で9作目ですが、今回はスピンオフ。正式な続編かというと、疑問を呈せざるをえません。
 
なぜかというと、今回は主人公ヴィン・ディーゼルの存在が一切確認できないから。
 
ただし、彼がキャストとして出てこないのが問題なのではありません。彼が制作として出てこないのに違和感があるんです。
 
ちなみに、今作のスタッフはこちら。
 
監督
製作
製作総指揮 
原案
脚本
 
通常のワイスピだったら、制作に必ずヴィン・ディーゼルが入るんですよね。彼は映画の中でも主役ですが、制作分野においても最重要のプロデューサーの立場なので。
 
なぜ「ワイルドスピード」というタイトルが付いているのにヴィン・ディーゼルが出ないのか?
 
色々噂されている中で有力なのは、ヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンの仲が悪いって話が挙がってるんですよね。
 
ドウェイン・ジョンソンが他のキャストに対して苦言を呈したのが発端で、そこから亀裂が生まれたんだそう。
 
あと、ドウェイン・ジョンソンは撮影に遅れて入る遅刻魔として有名なのですが、ヴィン・ディーゼルも遅刻魔で有名で、二人が競うように遅れてしまって撮影に支障をきたしたとか、きたしてないとか・・ww
 
今は和解したようなんですが、今作の制作・撮影時は仲が悪い状態だったんですかねぇ。。
 
ということで、ここにきてスピンオフ的作品が出るのにも、ちゃんと理由があったってことですね。
 
だっておかしいですもん、こんなに売れる作品なんだから正当に続編をやればいいんですよね。
 
さて、そんな色々あって出来た作品ではありますが、出来栄えはどうだったんでしょうか?
 
「ジョン・ウィック」や「アトミックブロンド」のデビット・リーチが監督ということで、アクションに関しては絶対なる信頼感を置いています。
 
ではいってみましょう!
 
 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 

映画の感想

これまでのワイスピとは一線を画す、ド派手ながらも細かい芸術のようなアクションに度肝を抜かれた。
 
まだ俺、こんなアクションでワクワクできるんだ。よりにもよって、ワイスピのアクションでテンションが上がったよw 
 
話はワイスピ1のような、ゴリマッチョと細マッチョの犬猿バディムービーに! 
これはスピンオフでなく、新しいワイスピの形なのか? そう思わせてくれるほど、二人を好きになってしまいました。
 
 
くっだらないギャグが飛び交うのも個人的にはグッド!吹き替えならではの、素晴らしい日本語ギャグに感動! この作品は、絶対に吹き替えで見るべきである!!! ただ、理由は本当にくっだらないけどね!!
 
ラストは銃を使わない完全武闘派アクションに! 
戦闘前のハカ!からの乱闘シーンは感激感動雨嵐!! 
 
もう、ありがとう!!ありがとう!!バカだけど男らしくてカッコよくてありがとう!!! 
 
アクション重視で全然問題ない、てかこれでいい!!

 

 

 

 

スピンオフとは思えないクオリティ

 

やられました。半端ねぇ。。

 

よく考えれば、ロック様とジェイソン・ステイサムというアクションスターの二人がタッグを組んだ映画なんて、面白いに決まってるじゃないですか。

 

それにデビッド・リーチ監督の演出もある。これでアガらない人はいないって。

 

むしろもう、ワイスピを抜きにしてみたほうが面白いかもしれない。

 

一応、物語がワイスピと繋がってるからね。でも、もう途中からワイスピはどうでもいいって思えるくらいワックワクしてしまいました!

 

もはや正義感とか警察とか、今までのキャリアを思い出せないほどの暴漢ドウェイン・ジョンソン、そして相変わらずの自己中男、ジェイソン・ステイサム。

 

二人とも単なる俳優ではなくプロデューサーも兼ねるほど偉くなっている立場。こんな野郎ども、合うわけがないよ。

 

バディムービーは対照的な二人が交わって意気投合するってのが基本だけど、この二人仲が悪いだけでタイプは似てるよねww

 

確かに、こんな奴らがいたらワイスピも中断するわw だって本当にワガママでオラオラ系で協調性ゼロだものw

 

 

 

 

対照的な二人を対照的に描くやり口がサイコー

 

 

冒頭からその対称性を見事に描いていたのが本当に素晴らしくて。

画面を二分割し、ホブスとショウの1日の生活を描いていくんですよ。

 

二人とも朝ごはんは卵なんですけど、ショウはベタにスクランブルエッグで食べる。一方のホブスは生卵をジョッキに入れてグビグビ飲むwww

 

卵の食べ方の比較によって、どんなキャラクターかを描いてるんですよね。ここで心掴まれてしまいましたw

 

そこから二人で世界を救おうってワイスピお馴染みの無駄にでかいストーリーに発展していくんですけど、二人のいがみ合いがまぁ終わらなくて、クドくてww

 

卵の食べ方で対称性をアピールしたかと思いきや、次は高層ビルからの降り方でもいがみ合ってしまうんですよw

 

ジェイソン・ステイサムはスマートにエレベーターを探して降りるんですけど、ホブスは屋上からロープを吊るして降りるなんてワイルドな荒技をw

 

ホブス、一人で降りて寂しかったのかな? 倒した敵を連れてショウの乗ってるエレベーターめがけてタックルする始末。こんな二人のじゃれあいを見てるだけで、なんだかうっとりしますよね。

 

いがみ合いながらも、共通の敵を倒すために奔走する姿はワイルドスピード1のドミニクとブライアンにも思える。

 

車がズラーと並ぶシーンがあったり、部品がたくさん並んだ修理工場も見せてくれるし、なんだかワイルドスピードの原点に戻ったような印象があります。

 

トドメには、ラストで5台ぐらいの車がニトロ噴射でヘリコプターを引っ張る、夢のような綱引き合戦も出てくるし、やってることは凄いけどアホっぽいワイスピらしさを全力のアクションで答えてくれたと思います。

 

アホといえば、笑わせ方も本当にアホで。

ライアン・レイノルズのどうでもいいギャグとか、ドウェイン・ジョンソンの眉毛を上げる癖のイジリとか、レストランでドウェイン・ジョンソンだけパンケーキが10枚くらい出てくるとか、とにかくアホなんですよ。

 

とにかくアホで満ちてるんですよこの映画!!!

 

でも俺、嫌いじゃない。むしろ好きです。好物です。

 

 

 

 

本当のアクションは、カットを割らない

 

今回のアクションを見ていて改めて思ったんですけど、本当に良いアクションはカットを割らないんだなぁって。

 

ロンドンの市街地でのカーアクションでも、カチャカチャしないでちゃんと見せてくれるし、カットを割らないで見せてくれるところが好きなんですよね。

 

本当にやってるんだ感っていうのかな、ジェイソン・ステイサムだし、ガチでアクションしてるんでしょうけど。

 

格闘シーンも近すぎず遠すぎず、適切な距離で見やすいアクションになってるんですよね。腕とか足だけ見せることなく、体全体を見せてくれるんですよね。

 

特に嬉しかったのはガジェットを盗むときに、10数人くらいの相手をジェイソン・ステイサムが調理するんですけど、そこでもなるべくカットを割らずに集団を相手にボコボコにする様をきちんと見せてくれるんですよね。

 

基本は肘打ちでの攻撃が多いんですけど、あまり腕を振り回す必要がないから省エネにもなるし、後ろの敵も処理しやすいし。

 

こんだけジェイソン・ステイサムが輝く映画も珍しいっていうか、ドウェイン・ジョンソンと足して二で割ってるからバランスが良いというか。 

 

 

 

 

絶対に吹き替えで見るべきくっだらない理由

 

今回は絶対に吹き替えで見て欲しいと思うんです。

 

 

 山ちゃんが声優やってるとかそういう理由じゃなくて、本当にしょうもない理由なんですけどね。。
 
一応説明しますと、今回ホブスとショウとブリクストンが身を隠すために偽名のパスポートを作ってロンドンを抜けるんですね。
 
まぁ適当な名前をつけてもらうんですけど、ホブスの偽名が・・・
 
 
ウォーレン・ティンコスモール
 
って名前で。
 
文字面はそう書いてあるんですけど、日本語吹き替えだとこの欧米の発音がどうしてもなまっちゃって、日本語的な読み方しちゃうんですよ。
 
 
で、この
 
ウォーレン・ティンコスモール
 
をどう日本語的に言ってるかっていうと・・・
 
 
オーレ・チンコスモール
 
って言ってるんですよ!!
 
わかります?これ!?
 
まだ分からない人のためにちゃんと説明しますけど、
 
 
オーレ・チンコスモール
 
 ↓
 
俺・チンコ・スモール
 
ってことですよwww
 
これ!!!!
 
なんという奇跡ですか!!!
 
いや、なんていう吹き替えスタッフの実力ですか!!!
 
 
だってね! これ「俺」と「チンコ」は日本語ですからねw日本人にしか分からないですからねww
 
しかもこの名前を付けられたのがドウェイン・ジョンソンっていうのが最高ww
 
面白いんでもう一回言いますけど、
 
俺・チンコ・スモール
 
ですよwww
 
しかもこれを読むタイミングが、ロンドンの空港で出国管理官にパスポート見せるときなんですよ。
 
 
面接官「俺・チンコ・スモール?」
 
 
っていうんですよwww
 
 
もう、気づいちゃったときには腹抱えて爆笑していまいましてねw
 
気づいてる人、多分劇場で2、3人くらいだったと思いますけどwww
 
隣の女の人は、基本的にどこでも笑ってたんですけど、このシーンだけは笑わなかったなぁ、、
 
 
ま、自分の好きなように楽しめればいいんですよね。
 
とにかく!吹き替えスタッフの素晴らしい仕事によって、本当に楽しく鑑賞できたのでありました。
 
 
ね!!みんなも吹き替えで見るよね!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com