Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け









とんでもない予告編詐欺! タイトルに「!」を付けたやつを俺は許さない 「フラワーショウ!」批評

おはようございます! Machinakaです。

今回批評する映画はこちら!

「フラワーショウ!」

f:id:Machinaka:20160703094423j:plain

https://eiga.com/movie/83932/

はい、最近アイルランドの映画ばっか見てるなぁ、、、

配給の意図したことなんでしょうか?

###

1. 公開前の期待

ガーデニングの大会に出る貧乏な女の子が主人公、宣伝を見ると、「実話に基づく、爽快サクセス・エンターテイメント!!」となってます。

私は、この映画に期待していました。それは、宣伝の文面をそっくりそのまま映画のイメージと結びつけていたからです。

こちらの記事でも、「フラワーショウ!」を公開前から期待していました。。。

www.machinaka-movie-review.com

記事から引用します。

ガーデニング大会が舞台という異色の映画です。こんなの見たことないよ!! アイルランドが舞台で、主人公はどう見てもお金持ちに見えない。雑草からのガーデニングが始まるってう設定で、弱小チームが這い上がって勝ち抜くような、「頑張れベアーズ」型の映画なのかなと思ってます!! 女の子が主役ということで、泥臭いスポ根映画というより、華やかで爽やかな青春ムービーになるのではないかと期待してます!

こんな淡い期待をしていた自分をぶん殴りたいですね笑

詳しくは次章で述べます。。

###

2.映画の感想

予告編と全然ちゃうやんけ!!!!

コメディのシーンは皆無、単調で気の利いてない脚本、薄味すぎる演出、フラワーガーデン以外、カタルシスが全くない、、、、

三流製作会社が作った、テレビ番組の再現VTRだよ!!!

「恋に仕事に頑張る女子!」的な、青春スポコン映画かと思ったら、、、全然違いました。

テイスト的には、イタリア映画の「これが私の人生設計!」だと思ってました、、、

www.machinaka-movie-review.com

コメディじゃないことは百歩譲って許すとしても、何のひねりもない脚本、カタルシスの無い演出には一輪の花も咲かぬ!!

f:id:Machinaka:20160703100657j:plain

https://somin.oheso.com/wp-content/uploads/2012/07/q-pad61.jpeg

百歩譲って予告編のコメディ映画という見方を抜きにしても、、、、

全くエンターテイメント性がない、クソ真面目な映画でした。いくら実話が基になっていると言っても、エンターテイメント性がなければ映画としてはダメです。

お金なし、彼氏なし、運もなし、、、そんな女性が頑張って、恋も仕事も勝ち取って、一発逆転するサクセスストーリーというのは宣伝と間違ってないんですが、、、

主人公が「サクセス!」するシーンに全くカタルシスがないんです。何故なら、重要なシーンがほとんどセリフで述べられているからです。

アメリカ映画みたいに、オーバーアクトしたりイケイケなBGMを流す必要はないんですけど、、、、せめて観客の心が動くような映像を見せてくれないと、映画として成立しないよ。

セリフじゃ人は動かないよ。映像的説得力をもっと見せてくれよ!!!!

あと、タイトルのつけ方もおかしい。

どう考えても、「フラワーショウ!」のタイトルが映画の内容と合致しない。

「フラワーショウ!」の「!」を付けたヤツを俺は許さないぞ( ˘ーωー˘ )

「!」がついてたら、コメディ映画っぽく見えるでしょ、、、

ちなみに、オリジナルのタイトルは「Dare to be wild」。日本語訳は、「敢えて野生になる」という意味。

大会に勝つために、野生のままの自然を排除し、華やかさや豪華さを優先したフラワーガーデニングを主人公は疑問視していたわけです。そして、「野生のままのフラワーガーデン」を作って、コンテストで優勝したわけですな。タイトルと映画の内容が合致している。

ちなみに、主人公メアリーの作品は、本当に綺麗ですよ。庭の撮影だけ本気出したって感じ、、、

f:id:Machinaka:20160703101708j:plain

https://wb-navi.com/wp-content/uploads/2016/06/thumbnail-6.jpg

3.日本版宣伝とオリジナルを比較しよう

こちらが日本の予告編


7/2(土)公開 『フラワーショウ!』予告篇

###

こんなテロップつけたら、絶対にコメディだと思うだろうが!!

f:id:Machinaka:20160703093759j:plain

https://i.ytimg.com/vi/iyE1kyjO09g/hqdefault.jpg

f:id:Machinaka:20160703094014p:plain

陽気なBGMとともにコメディシーンが立て続けに流れる。

ただし、ここのコメディシーンは予告編の編集が上手いから笑えるだけで、映画本編では一切笑えませんww

ミッションとかつけると、余計にちゃっちく見えるんだよ、、、

f:id:Machinaka:20160703094017p:plain

f:id:Machinaka:20160703094022p:plain

f:id:Machinaka:20160703094025p:plain

チラシ

f:id:Machinaka:20160703093708j:plain

https://img.cinematoday.jp/res/T0/02/08/v1464694634/T0020873q1.jpg

これを見て、どんな印象を受けますか!? 女子が頑張るコメディ映画!って思いませんか!? 

でもね皆さん、アイルランドのオリジナル予告を見てください。


Dare To Be Wild Trailer

落ち着いたBGM、面白おかしいテロップがない。綺麗なガーデニングの映像、、これこそ映画の内容にマッチした予告だよ!! 

これが正しい予告編なんだよ!!

おい! 配給さん!!!!

確かに、オリジナルの予告編を流しても、おとなしすぎて集客が見込めないかもしれない。日本人が映画を見ないのは知っている。けどな、アンタ達は事実を捻じ曲げて全く違う映画を捏造してるんだよ!!! 

脚色なら良いけど、これは捏造だ! 予告編詐欺だ!! 下品だよ!!

配給会社は、割と大手のところなので、すごくショックでしたね、、、

ミニシアター系で信頼できるのは、GAGAしかないのか、、、?

はい、久しぶりに吠えましたね笑 

この映画を見るくらいなら、世界仰天ニュースの再現VTRの方がよっぽど面白いですから、、、

オススメしません!!

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 20155,machinaka.hatenablog.com