Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け









映画「ちはやふる 結び」ネタバレなし感想解説 日本JK映画史に残る大大大傑作!あの時の匂いがした

 

改めましてこんにちは!
 
Machinakaです!!
 
 
今回批評する映画はこちら!
 
 
「ちはやふる 結び」
 
 
ポスター画像
 
 
 

もう批評なんて必要ないです。早く映画館に行ってください。

 
早く! こんなブログなんか見てないで早く! はやくあの子達の活躍をこの目に焼き付けてくれ!!
 
かつて高校生だったあの時の匂いがよみがえってくるんだよ。ここまでリアルな高校生を描いた映画はないよ! 
 
少女コミック原作映画ーいわゆるJK映画の隆盛が日本映画にはびこるカビだなんて言ってるハードボイルドな死ねフィルさんよ、この映画を見てから文句言ってくださいよ!!
 
 
日本JK映画史に残る大傑作であり、今年邦画ベストですよ!!!!!!!
 
お兄さん、お姉さん、おじいちゃん、おばあちゃん!! 今見て欲しい映画はリメンバー・ミーじゃない。ちはやふるなんだ! この映画をぜひリメンバーしてくれよ!!!
 
 
それでは「ちはやふる 結び」批評、いってみよーーーーおおおお!!!!
 
 
うおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 



[あらすじ]

 
 
 
・末次由紀の大ヒットコミックを広瀬すず主演で実写映画化した「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編。瑞沢高校競技かるた部の1年生・綾瀬千早がクイーン・若宮詩暢と壮絶な戦いを繰り広げた全国大会から2年が経った。
・3年生になった千早たちは個性派揃いの新入生たちに振り回されながらも、高校生活最後の全国大会に向けて動き出す。
・一方、藤岡東高校に通う新は全国大会で千早たちと戦うため、かるた部創設に奔走していた。そんな中、瑞沢かるた部で思いがけないトラブルが起こる。
・広瀬すず、野村周平、新田真剣佑ら前作のキャストやスタッフが再結集するほか、新たなキャストとして、瑞沢かるた部の新入生・花野菫役をNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の優希美青、筑波秋博役を「ミックス。」の佐野勇人、映画オリジナルキャラクターとなる千早のライバル・我妻伊織役を「3月のライオン」の清原果耶、史上最強の名人・周防久志役を「斉木楠雄のΨ難」の賀来賢人がそれぞれ演じる。

 

 

 

 

 

 

私Machinaka、ちはやふる上の句、下の句。すべてリアルタイムで干渉しております。

 

評価は上の句は最高! 下の句は最低!でした。

 

ちはやふる上の句の記事はこちら!

 

ちはやふる下の句の記事はこちら!

 

上の句はですね、ダメな奴らのかるたで仲間になり、成長し、青春スポーツ映画の金字塔を立てたといえるくらい感動しました。

あの5人のアンサンブルとギャグ。ハリウッドの青春モノにも太刀打ちできるレベルだとも思いました。脚本と監督を兼ねる小泉徳宏

さんの渾身の作品だったでしょう。

 

あんまりキャラ萌えしない私が、キャラクター別に感想を書くという異例の事態を起こしたのですよ。この私がですよ!? よくブログ見ている人なら知ってるかもですが、私の映画感想にはこのキャラが良かった、みたいな感想がほとんど出てきません。それほどキャラクターが立っていて魅力的だったんです。。。

 

一方、下の句は良いところがほとんどなかったというか。映画中に基本電話しててね。ひたすら台詞ばかりのシーンで本当につまんなかったのよ。正直、今何を見せられてるんだろう? と思うほどの迷作となりました。

おそらくですね、途中で予算が足りなくなったのかもしれません。ハイスピード撮影も、美しいCGも、着物も。非常にお金がいるシーンが多かったですからね。。

 

そして下の句が終わった後に今作の告知がバンッ!!!

 

正直怒りましたよ。こんなうんこちんこ作品を出しておいてまだ新作を出すのかと。やる気あるのか、と。

 

それくらい怒り狂った時もありましたが、2作目まだ見たらもうやめられませんよね。今日公開だと聞いて8時台の上映にて干渉してまいりました。。。

なんだかんだ言ってファンなんですよねw

 

広瀬すず、矢本悠馬、野村修平、上白石萌音、森永悠希、真剣祐、松岡茉優などのスタメンキャストに加えて、今回は映画オリジナルのキャラクター、新の妹役で清原果耶さんが登場、、、って大丈夫か? 原作ファンは納得するのか?

 

 

 

 

それでは映画の感想でっす!!!

 

 

 
 

 

 


 

 

[映画の感想]

 

 

今すぐ映画館に走れ!!! 高校生は人生で一度しかない。あの時の熱い気持ち、切ない思い、恋に部活に将来に思いを馳せたあの時の匂いが蘇ってきた!!!

 

1作目をはるかに凌駕するコメディ演出、年月を経て野村周平さんの演技力が向上(ごめんねw)、相変わらずの松岡茉優さん、、、

 

いつまでもコイツ達を見ていたい、いつまでも映画を見ていたい、、、

 

今しか見れない若手俳優たちの輝きをこの目に収めよ!!!!!

 

少女コミック原作なのに、今年邦画トップクラスの出来栄えでございます!! 日本JK映画史に残る大大大傑作であるっつつつ!!!!!!!

 

 

 

 

 

[シリーズ最高の完成度]

あの、まだこのブログ見てるんですか?

 

言ったじゃないですか!? 早く見てくださいよ! 1日中家にいてぐーたらして「自宅が映画館なんですっ」なんて言ってる奴、アホか!!!! 映画は映画館で見てこそ面白いんだよ!!

 

で、この映画は全国で公開されてるんだよ!映画館が近くにないから、なんていい分けはいっさいできないんだよ!!!

 

いいから見てくださいよ!!!!!!!

 

はい、取り乱してすいません。。。

それくらいテンションが上がった映画でございます。

 

前も言いましたけど、メイドインジャパンで作った青春傑作映画なわけです。

 

百人一首という題材、監督、キャスト、ロケ地。。。すべてが日本じゃないと出来ないわけです。アメリカではちはやふるは撮れないわけです。

 

日本人の映画ファンとして誇りに思いますよ、よくぞ撮ってくれた!!!!!!!

 

 

 
 

[映画の笑いを見事に決めた]

 

まずですね、今作の特徴は映画らしい笑いに徹した点であります。1作目ももちろん笑わせて頂いたのですが、あの時は5人のアンサンブル、というか半ばアドリブのようなトークに心を奪われたわけですよ。

でも、今回はきちんと間を考えて、「え?」とか「ん?」の一言で笑いを取ってくれる、シュールとも取れる映画的笑いがバンバン出てきて。

 

特にですね、今回のMVPは新さん演じる真剣祐さんとその妹を演じる清原果耶さんとのやりとりにつきます。

 

「お兄、いつになったら私とつきあっ・・」

「無理や」

 

文字にすればあまり面白くないですよ? でも2作目まで笑いなんて取れなかった新が真面目に答えているがゆえに笑える。そして今作で始めて登場した清原さんの未知数感w ていうかサイコ感www

 

あの間が面白くて面白くて。劇場でもゲラゲラ笑ってくれる人がいましたね。JKだけじゃないよ、普段何してるか分かんないおじさん(すいませんねw)も一緒になって笑ってるんですよ。普段なら絶対に交わることのないJKとおじさんが、この映画では一体になってるんですよ!!!!!!!

 

あとですね、非常に嬉しかったのが「LINEで笑いを取る」という演出にも挑戦してくれたんですよね!!!

 

監督は見ていたかどうか分かりませんが、岩井俊二監督の「リップヴァンウィンクルの花嫁」でもLINE(のようなもの)で「アムロ、いっきまーす」の突然スタンプを送って笑いを取ってたんですよねww

 

そして今回も、新が脈絡もなくスタンプを送って笑いをとってたんですよね。世界じゃLINEスタンプなんて流行ってるかどうか分からないですけど、海外の映画ではまだスタンプで笑いを取るって試みはまだ見たことないです。

 

LINE大好きスタンプ大好きの日本だからこそ作れたお笑い演出の発明だと思います!!!!!

 

 

 

 

 

 

[チーム戦に焦点を当てたのが○]

 

これまでとは違い、ほとんど個人戦に焦点をあてなかったのが良かったと思います。

 

クイーン戦や名人戦の超個性的の最強軍団たちのバトルだけ個人戦で、瑞沢高校は主にチーム戦を担当するんです。

 

この映画にとってもっとも大事なのは勝利じゃなくチームの団結。

選手の成長。これに尽きると思うのです。メインテーマはかるたではなくかるたを通して成長する若者たちでしょう。

 

1作目は机くんを中心にチーム戦の難しさ、仲間であることの難しさを描いてましたよね。机君のコンプレックスがチームを乱し、チームとしての力が弱まる。

 

一方で個の力が強すぎる松岡さんや新との対比により、瑞沢高校はチームで戦うことしか選択肢がないようにも思えるつくりが見事なんですよ。そうなると観客は、この子達はぜひチームで戦ってほしいと願うわけです。

 

今作は机君ではなく、生意気な新入生を使ってチームがチームであることの大切さを伝えているのが良くって。

 

特に、地方大会で見せてくれた「札合わせ」。きちんと百人一首の策略を使ってチームワークの大切さを説いたところがですね、脚本の巧みなところだったと思います。すばらしいですよ!!!!

 

あと、映画的な演出では矢本悠馬さんが黙ってカルタ取りを練習してチームを鼓舞する演出、黙って野村周平さんが登場してたすきを渡すだけ、という控えめな演出。。。よくぞやってくれましたよ! こういう名シーンを見たかったんだよ!!!!!

 

 

 

[卒業の祝辞]

最後に映画を盛り立ててくれたキャラクターに祝辞を述べたいと思います!!!!

 

 

・綾瀬千早さん

 

ご卒業おめでとうございます。

 

まさか顧問になっていたなんて、そしてクイーンを取っていたなんて、、どうやったらそこまで強くなれるんだよww って観客の私は驚いてしまったよw

 

思えば、あなたが行動しなければこのチームは出来なかったよね。屋上で太一を勧誘しなかったら試合に出れなかったよね。

太一と新、どっちがすきなの? 俺にだけ教えてよ!!!

 

 

・真島太一さん

 

ご卒業おめでとうございます。

 

東大医学部の生活はいかがですか? ぶっちゃけあんまり頭よさそうに見えなかったですけどw俺が卒業した大学よりふた周りも3回りも頭よいところいってるんですね。。

 

今作の主人公は間違いなく太一さんですよ。絶対に勝てないと思っていた新に買ってしまうなんて、、、耳栓もして音を聞き分けてさ、あなたは努力家なんですよね。

 

あなたは相手にしなかったけど、1年生の花野さんがいなかったら全国大会いけてなかったからね。最初は部活やめてどうなるかと思ったけど、最後に帰ってきて、、、もう惚れちゃうわよ!!!!

 

 

 

・新さん

 

ご卒業おめでとうございます。

 

いつ俺と付き合ってくれるの?

 

 

・大江さん

 

ご卒業おめでとうございます。

 

今回も群を抜いて上手い演技でしたね。あなたは本当に高校生ですか?すごいですよ。

 

大学では古典をもっと勉強してください。そして、かるたサークル作ってください。あなたの書いた論文が本になって、かるたの世界を伝えてください。絶対本買います。。。

 

 

 

・西田さん

 

ご卒業おめでとうございます。

 

あなたが1作目のMVPに間違いなしですわ!!ってかあなたが面白かったからちはやふるが好きになったんだよ!!!!!!!!!

 

関係ないけどさ、あなたと顔と性格がそっくりな子が大学の後輩でいるのよwだから妙に親近感沸いちゃって、、、もうたまらんですわ!!!!!

 

これからも映画に出演してくださいな、絶対見に行くぞ!!!

 

 

 

 

・駒野さん、もとい机君

 

ご卒業おめでとうございます。

 

今回も泣かされたよ。泣いたよ。

 

机君が泣くと私も泣いちゃうの。。

 

チームがチームであるために尽力したのは、実は机君なんじゃないかな?

 

かるたで心も体も成長した机君、あなたにはぜひとも政治家になっていただきたい!!!!!

 

 

 

・松岡茉優さん

 

ご卒業おめでとうございます。

 

付き合ってください! あなたに惚れました。。

 

京都弁がとぉぉってもせくすぃで、妖艶で。色っぽい。。。

 

なんだけど実はスノー丸が大好きで、誰ともつるまずに好きなことにまっしぐら。。

お願いですから僕を罵倒してください!!!!!!!!!!!!!!!!

 

あのスノー丸ライブの格好が、アイドルおたくとしての松岡さんを彷彿とさせましたよ。ってか衣装も気合入ってましたよね。あれ自分で作ったんですか?笑

 

とにかく、あなたが大好きです!!!千早より大好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

あなたのためにDVD買いたいですわゎゎゎwwぁわ

 

 

・ひょろさん

 

北央高校ひゃあぁいっ!!!!!!

 

 

 

 

 

とにかく見てください! オススメです!!!

 
 

読者登録で私の映画レビューをすぐにお届け!

「気になる映画が公開されたけど、面白いか不安。。。」

そんな時は私のブログへGO!  

新規に公開された映画を後悔せず見よう!なんちゃって。。

 

 

 

 

 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 20155,machinaka.hatenablog.com