Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「ハンターキラー 潜航せよ」ネタバレあり感想解説と評価 今年ワースト級!艦長にカンチョーしたい気持ちでいっぱい

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「ハンターキラー 潜航せよ」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

はじめに

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「ハンターキラー 潜航せよ」

 
 

f:id:Machinaka:20190412065922j:plain

(C) 2018 Hunter Killer Productions, Inc.
 
 これほど期待してない映画も珍しいなぁ、、、
 
今週はどうしたよ、名探偵コナンにビビって大作が全く公開されないよ!!
 
 
おかげで映画ブロガーとしては全然収穫ないよ!!!
 
はぁ、、、
 
いやね、なんでこんなに毒づいてんのかっていうとですね、今このブログを書いてるのが金曜日の23時でして、ぇぇ。
 
これから本作を見に行くんですけど、始まるのが24時なんですよ、終わったら2時すぎるんですよ。。。
 
わかります?
 
これで駄作だったら、どんな気分で真夜中を迎えたらいいんだよ!!!!
 
もうB級映画だってことは、もう理解してますよ。
 
そんな大きな期待しかしてませんよ。
 
 
お願いだから頼む!!!
 
2回くらい笑わせてくれ!!! 
3回くらいアクションで満足させてくれ!!!
最後は親指立てて「ワッショーーイ!!」って言わせてくれ!!!
 
楽しい映画であってくれ!頼むぞ!!
 
俺の花金を貴方に捧げる!!!!
 
 
 
 

それでは「ハンターキラー 潜航せよ」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・「ジオストーム」「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェラルド・バトラー主演で描いた潜水艦アクション。ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が消息を絶ち、捜索に向かったジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜「ハンターキラー」は、現場付近に沈んでいたロシア原潜の生存者を捕虜にする。同じ頃、ロシア国内で世界を揺るがす陰謀が企てられていることが判明。ハンターキラーに陰謀阻止のための過酷なミッションが下される。その任務を達成するには、絶対不可侵のロシア海域へ潜航せねばならず……。原作は、小説家ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスによるベストセラー小説。共演に「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞を受賞したゲイリー・オールドマン。製作は「ワイルド・スピード」シリーズのニール・H・モリッツ。監督は「裏切りの獣たち」のドノバン・マーシュ。

eiga.com


 
 
「ジオストーム」っていう紹介が非常に気になるところではあるが、主演はジェラルド・バトラーさん。
そしてベテラン勢としてゲイリー・オールドマン。「ウィンストンチャーチル」でアカデミー賞主演男優賞を取った人です。
 
そして監督はドノヴァン・マーシュさん。
制作は「ワイルドスピード」の制作でもお馴染み、ニール・H・モリッツでございます。そういや「ワイルドスピード アイスブレイク」で潜水艦と車がバトルしてたけど、これが伏線になってたのか。。?
 
今作はロシアの北海が舞台。大統領が海軍基地を訪れたところ、反乱軍により身柄を拘束。そんな中、米軍がロシアの大統領を救うという何ともマッチョな平和的解決を挑む映画でございます。
現実にはそんなことあんのかな、ていうかロシア軍どうしたよw
 
まぁそんなツッコミは置いておいて、とにかく2回くらい笑えて3回くらいアクションで萌えられたらいいですよ。。
 
全然期待してないもんねっ!!!!
 
 
 
 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 

映画の感想

予想を遥かに下回るクオリティに俺の花金は打ち砕かれた。
 
確かに潜水艦の中はリアルです、素晴らしいです。
 
でも、潜水艦の外は・・・何なんすか、これ。 
コピペ感満載のCGにもう、激萎えです。。 戦艦や戦術はリアルだけど、軍人がリアルじゃない。
 
人がリアルじゃない。セリフ言わされてるだけだろ、これ。
主要キャストすら硬い表情。周りのエキストラはまるで銅像。どうぞ、もう好きにやってくれ!俺はもう、どうでもいい!! 
 
どんなキャラも愛せない、魅力がないのに、どうやって作品にハマれと!? 潜水艦はリアルだけど、ごめん、俺潜水艦に興味ないんで。。 
 
リアルなのは潜水艦だけ!あとは全てニセモノ作り物!
今年ワースト級のハリボテ映画だ!!!

 

 

 

ごめん、君だけは愛せない

 

はぁ、、こんなことならコナンを見ておけばよかったよ。

ほんのわずかだけども、一抹の期待を持った俺が馬鹿だった。

 

最近ムビチケを買ってるんですけどね、この映画も思わず買っちゃったんですよ。前売りだから、見ないと映画代を無駄にしちゃうわけです。だから見に行ったんですけども。。

 

数ある戦争アクションものの中でも駄作中の駄作だと言っていいと思います。ごめん、まじ無理。

 

アメリカとロシアの軍隊が戦うという定番の設定で、水中・地上のバトルもあり、潜水艦の生活も垣間見えて、潜水艦アクションというジャンルで魅力を引き出せる題材ではあると思うんです。

 

ただ、この映画には決定的な欠点がある。何も魅力がないんです。

特に、キャラに魅力がない。

 

今作でメインとなるアメリカ軍人たちにも、ワシントンの政治家たちにも、ロシアの大統領にも、とにかく魅力がない。

 

とにかく表情が硬く、セリフをただ言ってるような印象。真面目なことばかり言って、冗談の一つも言わない。噛んだりつっかえたりするセリフがない。ありえない。とてもじゃないけど、リアルじゃないんです。

 

戦争モノというのは、主要キャストですら死と隣り合わせの現場。実にあっけなく死んでしまう役もある。そんな非現実的な環境だからこそ、それぞれのキャラを立たせておかないと、無駄死になってしまうんですよ。

 

無駄死といえば、冒頭にアメリカの潜水艦が撃墜されて110人の軍人が亡くなるシーン。普通ならですね、こんな大量に死なれたらショックだし、悲しいし、辛いわけです。

でも今回に限っては、1ミリも悲しくなかったし、涙も出なかった。

 

撃墜された潜水艦の乗組員のシーンも、少しながら写るんです。死の直前までちゃんと写してるんです。

ただ、乗組員たちの会話が全然面白くない、こいつら本当に軍人?ずっと同じ空間に閉じ込められた同志たちなのか!?

 

戦争モノを含め、全ての映画に言えることですけど、キャラに魅力のない映画はダメです。本当に、君だけは愛せない。

 

会話のセンスがまるでない、掛け合いもない。脚本のレベルが低いのが露呈しています。加えて、現場での演出力がない。

 

真面目に潜水艦アクションを撮りたかったんでしょうね、監督は。キャラを立たせることには全く興味なかったんでしょうね。そう言われてもおかしくないですよ。この出来栄えは。

 

 

  

 

 

聖人な軍人は許せんと!!

今作のキャラの中でも最も重要なのが、主人公の艦長、ジェラルド・バトラー。

 

この艦長が就任した折に、マイクを使って部下たちに挨拶と激励の言葉を投げかけるシーンがあるんですよ。

 

ここのシーンでは、既に110人の仲間がロシアにより殺されている状態なんです。そこで激励の言葉を掛けるんです。で、どんな言葉を掛けたかというと

 

「この任務は訓練じゃない。本当に頑張らなきゃ死ぬ。俺についてこい。」

 

はぁ? 

 

とにかく、真面目でありきたりな言葉しか掛けないんですよ。おいお前、他に気の利いたこと言えないのか、と。

 

なんか、成人式で若者たちが「どんな大人になりたいですか?」とインタビューされて、ぼんやりとしてありきたりな抱負しか言えないような、あの光景を思い出しました。

 

こんなありきたりな事しか言わない艦長に、仕方なく付いていくことにした部下たち。艦長に合わせたんでしょうかね、部下たちも任務に必要ないこと以外は何も言わない。無駄口を叩かないんですよ。

 

・・あのですね、人間だったら、どんな環境にいても無駄話はするし、艦長に反発する人もいるだろうし、やる気ない奴だっているんですよ。

 

なのに今作では、まるで「艦長に従うひたむきな部下」を演じているような、いや演じてるのは確かなんですけど、演じてるのが透けて見えるんですよ。

総じて、キャラが活きてない。

こんなつまらないキャラにしてしまったのは、艦長!あなたですよ!?

 

少しくらい冗談言ったらどうですか、そんな硬い表情しないでさ!!! 

 

これがタイトルに書いた、艦長にカンチョーしたい、という真意でした。。ごめんなさい、ただのダジャレです。

 

 

 

下ネタをなめるな!

軍人で男同士なら、どうやっても切っても切れないのは「下ネタ」ですよ!!

 

ずっと同じ空間で男同士で、何で盛り上がるかって言ったら下ネタしかないでしょ!!!!! 

 

一応ですね、今作でも軍人たちは下ネタを言ってはくれるんですけど、「ケツとか金タマ」とか何のひねりもないセリフしか言わないんですよ。

 

もう一度言いますよ? アメリカの軍人が喋る下ネタが、「ケツと金タマ」ですよ?

 

いやいやいやいやいや!!! あんたら小学生か!?

 

「ケツ」ならケツ、「金タマ」なら金タマをどうやって間接的に言うかがですね、大人の下ネタってもんでしょう?

 

それに、単にケツとか金タマって言うだけじゃなく、ケツや金タマを使って何をするの!?何のメタファーにするの!? 

 

いいか!? ケツや金タマは下ネタの出発点なんだよ!! 小学1年生くらいが喜んで使う言葉なんだよ!!!

 

ケツや金タマだけで甘んじるな!!!!!!

 

下ネタをナメるな!!!!!!

 

グッドモーニングベトナムを観てアメリカ軍人の下ネタとはどんなものか、学んで欲しい。

 

 

 

 

 

コピペ感満載のCGで台無し

 

潜水艦の外はCGで作られてるんですけど、煙とか炎とかが酷いんですよ。

 

CGでは、コピペ感が出ちゃうとダメだと思うんです。コピペ感。

 

今作ではどの炎も煙も同じような見た目で、ctrl+cとctrl+vを使ってコピペしたような印象が拭えないんですよね。。

 

ファっっっっっっっk!!!!!

 

 

 

 

はい、散々コケにしたハンターキラーですけども、何でコナンと同日に公開した洋画ってクソなんですかね。

 

確か去年は「パシフィックリム アップライジング」

 

だったような。。。

 

もう大人しく、コナン見ておいた方がいいのかな。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com