Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「アナと雪の女王2」ネタバレあり感想解説と評価 アナと雪のジェダイマスター

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「アナと雪の女王2」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 
 
 
 
 目次
 

ネタバレありで感想と解説を始めます

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回批評する映画はこちら!

 

「アナと雪の女王2」

 

f:id:Machinaka:20191121174810j:plain

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.
 
イントゥー・ジ・アンノオオ〜〜〜〜ン!!
 
イントゥー・ジ・アンノオオ〜〜〜〜ン!!
 
イントゥー・ジ・アンノオオオオ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!
 
 
はぁ、はぁ、、
 
あ、どうもMachinakaです。
 
新しい曲「イントゥー・ジ・アンノウン」があまり話題になってないですが、実は凄く大好きで。アナよりもエルサ派の私としては、エルサが新たな道を進むために全力で歌っている姿に感動するんですよね。てか、もはや歌の良し悪しはあまり関係ないかもしれませんが。
 
洋画のタイトルに「2」がつくって、よっぽどの集客が見通せる自信作だと思うんですよね。とりあえずアナ雪だし。
 
「ディズニーといえばプリンセス」というレッテルを剥がし、強い女性像を打ち出した近年のディズニーイメージを初めて提示したのが、このアナ雪。
 
アナ雪がなければ、今のディズニーはなかったかもしれません。
 
商業的に成功することはもはやまちがいないんですが、映画ファンとしては今作で新たなディズニーのイメージを刷新してくれるのか、期待しているところもあります。
 
 
それでは、「アナと雪の女王2」ネタバレあり感想いってみよー!!
 

 

 

 

 

あらすじ

  
・世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも歴代3位となる興行収入255億円を記録した大ヒットディズニーアニメ「アナと雪の女王」の続編。雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、仲間たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声により、姉妹は未知の世界へと導かれる。それは、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険の始まりだった。姉妹は仲間のオラフやクリストフとともに、数々の試練に立ち向かっていく。前作に続きエルサとアナの声をイディナ・メンゼルとクリステン・ベル、日本語吹き替え版では松たか子と神田沙也加がそれぞれ務め、監督も前作のクリス・バックとジェニファー・リーが続投。

eiga.com


  


『アナと雪の女王2』- 予告編

 

 
 
 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 

映画の感想

前作の優雅で壮大でガーリーな作風から一転!
男の子も喜ぶスピーディでキレのあるアクションが満載!!
 
壁を破り国境をなくす結末はポリコレ?そんなの考えずに純粋に楽しもうよ!!
 
エルサの魔法はもはやフォースの力!?
 
自分のフォースの源を知る旅に出かけるのは、フォースの覚醒のレイちゃんと酷似!
 
そうか!
今回のアナ雪はスターウォーズを目指したんだ!
 
・イウォーク的な森の民族に誘われ旅をする=EP6
・陸の孤島を訪ね、大切な人を探す=EP7
・氷の洞窟に入り自身の真の力を知る=EP5
・氷を宙に浮かせるエルサ=EP8のレイ
 
共通点がありすぎて困る!
 
アナと雪のジェダイマスター、ここに見参ッ!!

 

 

 

 

今回は男の子向け

前作よりも遥かにアクションシーンが多く、なおかつ俺たち好みの戦い方をしてくれたエルサに惚れ惚れしました。いや、今回はエルサ様と呼ばせてください。

 

何をもって男の子向けなのか?

 

理由は単純です。焦点はエルサの魔法で敵と戦うかどうか、にあります。

 

確か前作はお城を作ったり巨人を操ったり、「おままごと的」と言っちゃ言い過ぎですが、とにかく誰かを遠ざけるために魔法を使ってた印象があるんですね。

 

で、今回は氷の洞窟に入り、迫りくる敵に氷を当てながら切り抜けていく様子が、、

 

これだよ!これが見たかったんだ!!

 

せっかく水を操る魔法があるんなら、それで戦って欲しいのよ俺たちはw

攻撃する時のSEもよくてね、ズバッ!とかピーンッ!とか清々しいほどの音で盛り立ててくれる。

劇伴もスターウォーズ の「エンパイアアタック」のようなBGMが流れて、全体的にキレのあるアナ雪になったような気がするんですよね!

 

   

 

エルサの自分探しの旅はまだ続く

毎回エルサって自分探しの旅してんなぁwと正直に思ったりもしましたが、毎回エルサが自らを解放するシーンは鳥肌もので。

 

前作は「ありのままに」で、今回は「未知の旅へ」

 

もちろんアナとオラフ達と一緒にいて楽しいはずなんですけど、やっぱエルサはどこか不満に思ってるとこがあるんでしょうね。

 

今回は謎の声のせいにしましたが、これは結局マクガフィンでしかないと思います。

あと、エルサの本音を隠すためにも、謎の声は必要だったんだと思います。

 

自らのフォースの力を追い求める旅と言っていいと思いますが、個人的にはスターウォーズ のレイちゃんと似ていて非常に嬉しくて。

 

スターウォーズ といい、アナ雪といい、一人で生きれる強い女性が自身のルーツを探る旅に出るってのが、今のディズニーの女性像になってるんでしょうかね。

 

 
 
 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com