Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「男はつらいよ お帰り寅さん」ネタバレあり感想解説と評価 昭和の時間と人がアッセンブル

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 
 
この記事では、「男はつらいよ お帰り寅さん」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

「男はつらいよ お帰り寅さん」のネタバレありの感想と解説(短評)

 
 

 

今回批評する映画はこちら!

 

「男はつらいよ お帰り寅さん」

 
 

f:id:Machinaka:20191225220304j:plain

(C)2019 松竹株式会社

 

シリーズ累計50作。

長編映画のシリーズものとしては最多で、ギネス認定されているほどの長寿映画。

 

私はリアルタイムで寅さんを鑑賞していないし、あまり過去作も見ている方ではない。

ただ、日本のコメディ映画としては外せない作品であり、コメディ好きとしては見ずにはいられなかった。

 

過去の寅さんの映画を流しながらも、満男と泉の恋物語を進展させ、きちんと物語を前に進めた手腕は素晴らしい。

 

最後に登場するマドンナ総出演には舌をまき、いかに国民的映画だったのか、一目でわかる作りになっている。

 

古い映画だから?知らない俳優だから? 全然話を知らない?

という人も全く問題ない。他人の話を聞いても面白いように、他人の葬式に行っても泣いてしまうように、全く知らない人でも楽しめる作品。

 

数多くの映画あれど、寅さんのような「身勝手」で「横柄」で「意地悪」で「人間味」のある人はいない。こんな人が主役の映画は、そうそうない。

しかし、等身大の男をあえて演じることで多くの観客を取り込み、共感させたのだと感じる。

 

鑑賞後には、まるで親戚のおじさんのような親近感が湧いた。

 

是非とも寅さんに笑って泣いて、楽しんで頂きたい。

 

 

 
 
 

 

 

 
 

あらすじ

  
・山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。1969年に第1作が劇場公開されてから50周年を迎え、97年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりに製作された。倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らに加え、シリーズの看板俳優であり、96年に亡くなった渥美清も出演。さらに、歴代マドンナからは後藤久美子、浅丘ルリ子と「男はつらいよ」でおなじみのキャストが顔をそろえる。柴又の帝釈天の参道にかつてあった団子屋「くるまや」は、現在はカフェに生まれ変わっていた。その裏手にある住居では車寅次郎の甥である満男の妻の7回忌の法事で集まった人たちが昔話に花を咲かせていた。サラリーマンから小説家に転進した満男の最新作のサイン会の行列の中に、満男の初恋の人で結婚の約束までしたイズミの姿があった。イズミに再会した満男は「会わせたい人がいる」とイズミを小さなジャズ喫茶に連れて行く。その店はかつて寅次郎の恋人だったリリーが経営する喫茶店だった。

eiga.com

 

 
 
 
 
 

 

大胆な過去作の引用も目立たない作りに

冒頭は寅さんのテーマから始まるが、歌はなんと桑田佳祐さんが歌っている。

 

しかも、ただの歌でなく、画面に桑田佳祐が登場して歌っている。

 

過去の寅さんの映像と桑田佳祐が交互に流れ、冒頭から過去作の引用が見られる作品になっている。

 

その後も過去作の大胆な引用があり、本編の半分以上は過去作である49本の中から厳選した映像で占められている。

通常の映画なら受け入れがたい構成であり、昔の映像をまとめただけじゃないかと言われかねない。

しかし、寅さんはそうならなかった。自分が過去作をほとんど知らず、新鮮に感じたことも大きいが、今回の脚本に合致した映像を流してくれるので、全く気にならない。

 

過去の俳優を使った同窓会映画にも見えるが、50年前に一作目に出ている役者なんだと思うと、感動を禁じえない。

 

 

 

寅さんは男のリアル

普通の映画であれば、主人公が成長し、立派になり、正しい行いをするというのが筋というもの。

しかし寅さんはいつも同じ調子で、成長することがない。

基本的には場をかき乱し、自分勝手な論理をでっち上げ、周りの空気を読まない、正直面倒なタイプである。

寅さんがツイッターをやっていたら、さぞ有名な「くそリプおじさん」となったことだろう。

 

ただ、そんな面倒くさい寅さんではあるが、時には真面目に、名言を放つ。まるで大人版「クレヨンしんちゃん」のよう。

 

基本的にはふざけてばっかりのおじさんだが、池寅さんがいないとどこか寂しく感じる。

 

こういう大人がいるのも、悪くない。みんな寅さんを欲しているのだ。

 

 

 

 
 以上です! ご覧いただきありがとうございました!
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com