Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け









Netflixドラマ「マニアック」ネタバレあり感想解説 次期007監督が魅せたスーパーバッドな二人

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
 

こちらのブログが初めての方、ご訪問いただきありがとうございます!

 

「映画のタイトル+解説(感想)」で検索してくださってこちらにいらっしゃった方には大変申し訳ないんですが、できれば第1回目の記事をご覧いただいて、私の自己紹介と本ブログの趣旨をご理解いただければと思います。

 

うさぎクッキー第1回目の記事はこちら!

 

Twitterもやってます!

 

セキセイインコ青@Blog_Machinaka

 
 
今回批評する映画はこちら!!!
 
 
「マニアック」
 
 
関連画像
はい、ジョナ・ヒルとエマ・ストーンが07年の「スーパーバッド」以来のコンビを結成する、アメリカコメディ好きにはたまらない作品です!!!!!
 
 
フォオオおおおおおお!!!!
 
フォオオおおおおおお!!!!

 

まだ映画を全然見てなかった当時の僕は、「スーパーバッド」を見て衝撃を受けました。こんなに面白いコメディがあっていいのか!?こんなに笑っていいんだろうか!?と自分でも驚くほど笑い転げていました。

 

ちなみに、ラッパーのエミネムは「スーパーバッドが好きすぎて100回見ている」と公言しています。「スーパーバッド」にてセス・ローゲンとビル・ヘイダー演じる警官が犯人の聞き込みで「それってエミネムに似てる?」と言っているセリフもあるし、内容がヤバすぎて放送禁止になってしまったセスローゲン監督の映画「The Interview」にてエミネムがカメオ出演してるのも、なんだか縁を感じますよね。

 

・・・もうスーパーバッドとエミネムの話はやめますね。

 

とにかく、スーパーバッドを見て以来、ジョナヒルとエマストーンが出る映画をむさぼるように見て、スーパーバッドを超える映画がないか探し続けている自分がいました。

 

おかげでコメディ映画にすっかりハマってしまい、ひたすら映画館で笑い続ける日々です。間違いなく、僕の映画の好みを決定づけた作品が「スーパーバッド」なんです。

 

ジョナ・ヒルとエマ・ストーン。僕がいつも追いかけ続けている俳優が、またタッグを組んだというなら見ないはずがありません! 映画と違って見続けるの結構苦労したけど、全10話を見てまいりましたー。

 

それでは「マニアック」批評いってみよー!!!!

 

 

 

 目次

 

 

 

 

 

[あらすじ]

 

 

『マニアック』は、製薬会社をめぐる謎めいた裁判に巻き込まれたアニー・ランズバーグとオーウェン・ミルグリムを追う。アニーは母や姉妹との関係に悩む、これという目的のない女性であり、オーウェンは統合失調症と診断されたニューヨークの富豪の五男であり、二人とも人生はうまくいっていない。あらゆる心的問題を解決するという新薬が開発され、二人は他の10人とともに製薬会社で三日間の新薬試験に参加する。

マニアック (テレビドラマ) - Wikipedia


 


『マニアック』ティーザー予告編 - Netflix [HD]

 

 

 

[監督は今後絶対に日本で売れます]

 

監督はキャリー・フクナガさん。

 

日系アメリカ人で、父親は第二次世界大戦中のアメリカで生まれています。

 

この人、Netflixにはご縁があるようで。

2015年に公開されたNetflix映画「ビーストオブネーション」では、アフリカの戦争孤児が少年兵として生きていくしか道がないという地獄のような戦争映画を描いています。

ドラマでは、マシューマコノヒー主演のTRUE DETECTIVEの監督も務めたそうです。

 

なんとこの方、007の次期監督になることが決まってるんです!!!!!

 

 

ちなみに、お顔はこちら。

「キャリーフクナガ」の画像検索結果

1200px-Cary_Joji_Fukunaga_"Beast_Of_No_Nation"_at_Opening_Ceremony_of_the_28th_Tokyo_International_Film_Festival_(21806112494)_(cropped).jpg

 

 

この人がボンドやればいいのに!!!!

 

ってくらいのイケメンです。監督と主演って、できないのかなぁ。。。

 

日系人ということで、今後007の監督を務めることもあり、今は大坂なおみちゃんが売れてますけど、今後絶対に日本でブレイクする監督になると思います!!

 

まちがいないです!!!!!

 

彼のフィルモグラフィはまだ少なく、見れてない作品が多いのが少し残念です。。

 

 

そして主演はジョナ・ヒルとエマ・ストーン。「maniac tvdrama」の画像検索結果

Maniac-on-Netflix-Creators-reveal-truth-Emma-Stone-series-1020976.jpg

 

 

どうしたジョナヒル!?!?

 

 

普段のジョナヒルはこんなおデブちゃんなのに、今は過去最大級に痩せてます。いや、最小級か。。。

「jonah hill」の画像検索結果

jonah-hill-loss-main-1280.jpg

 

ジョナヒルはこれまで超巨漢→巨漢を繰り返してきたんですけど、もう巨漢のレッテルが完全に貼れなくなってしまいましたね。

 

コイツはは俺の知ってるジョナヒルじゃないですよ。ただの凡人ですよw

 

なんでここまで痩せたのか、真意は分かりません。

ただ、彼がマニアックで演じる役は統合失調症で、ずっと暗い顔をしてる役なんですよね。こんなのジョナヒルの役で今までなかったんですけど、病気でやつれているイメージを作るためにここまで痩せたのでしょうか? 

 

だとしたら役者魂を褒め称えたいですけど、今のところはタダの偶然だと思ってます。

 

スーパーバッドではおデブな高校生だった彼で、セス・ローゲン軍団といつも一緒にいるコメディ俳優かと思いきや、ブラッド・ピットと組んだ「マネー・ボール」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされており、立派な俳優として大活躍しているのです。

 

 

 

はい、そんな統合失調症のジョナヒルのお相手は、エマ・ストーンちゃんです。

エマ・ストーンが大好きです。エマ・ワトソンよりも好きです。

エマ・ストーンがいれば世界は平和になります。

最近ルイ・ヴィトンのモデルになったおかげで、無性にルイ・ヴィトンが欲しくなってきてます。

 

好きすぎてこんな記事を書いてます。本当に好きな人の記事を書くときって、SEOとか関係ないんです。

 

www.machinaka-movie-review.com

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

 

とにかくこのCMをみてくださいよ!!!

 


「ルイ・ヴィトン」新フレグランスを記念したフィルムを公開

 

ルイ・ヴィトンのCMをエマストーンがやってるんですよ!!!

 

エマ・ストーンの出世作、それは間違いなく「スーパーバッド」ですけど、放題には「スーパーバッド・童貞ウォーズ」ですからね!!! 童貞ウォーズに出演して売れた女優がルイ・ヴィトンのCMですよwww

 

よくやった! エマストーン!!

で、こちらの動画は新しい香水のCMなんですけども・・・

 

 

夢と現実を行き交う魅惑的な旅を想わせ、空気のような軽やかさを纏うカカオ。どこからともなく現れるオーロラを想わせる、遥か彼方の冒険の記憶に深く刻まれた神秘的な香りを体現した「Attrape-Rêves(アトラップ・レーヴ)」──インハウス・マスター・パーフューマーのジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが白昼夢から着想を得て生み出した、ピオニーのブーケにカカオパウダーを融合させ、尾を引いて降り注ぐ流星群のような残り香が印象的なフレグランスです。続いて現れるのはパチョリ、さらにはライチのフレッシュで弾けるノートが広がります。神秘と祝祭に彩られた、喜び溢れる香りです。

jp.louisvuitton.com

 

夢と現実を行き交う魅惑的な旅って、なんかララランドっぽくない!? ってか夢と現実を行き交う香りってどんな香りだよww 

 

なんか、この香水の紹介してらメッチャ買いたくなったんですけど、

 

 

f:id:Machinaka:20180926194655p:plain

Attrape-Rêves - フレグランス|ルイ・ヴィトン 公式サイト

 

最安値で¥32,400

 

送料とかどうでもいいから、もっと安くしてくれwww

 

1mlでいいから300円にしてくれないかなぁ、、もちろん送料は払う。

 

・・・ちょっとガチで検討中ですw 

 

はい、かなり逸脱してしまい申し訳ありません。

 

ただ、言えるのは明らかに主演の二人が今をときめくハリウッド・スターで、もはやスーパーバッドの時のような初々しい感じの演技はない、ということ。もう立派に巣立っていった二人がまた再開する。それだけで少し泣けてきますw

 

それではドラマの感想でっす!!

 

 

 

[ドラマの感想]

統合失調症で今にも死にそうなジョナ・ヒル。うつ病でヤク中のエマ・ストーン。こんな暗い二人見たことない!! 

 

暗い闇をさまよう二人がマトリックス的デバイスで夢をさらにさまよい、不思議と繋がっていくディストピア近未来SF! 

 

最後はスーパーバッドとつながり、見てるだけでもう涙が・・・ 

 

ジョナ・ヒルとエマ・ストーン。本当に成長したね。なんだか嬉しいよ。。。

 

 

[出口なき夢迷宮で繋がる奇跡]

 はい、ドラマを全て鑑賞し終えたMachinakaです。

 

ドラマといっても、1話30分にも満たないため、非常に早く見ることができました。

 

全部が全部面白かった!! とは言いづらいのですが、エマ・ストーンとジョナ・ヒルが好きな私としては、大変楽しめた話です。

 

今作は統合失調症の男性とうつ病の女性が、同じ治験のアルバイトで偶然にも知り合い、最初はお互い嫌悪を感じるものの夢の中で不思議とつながっていき、絆を深める物語です。

 

もう正直に言いますと、かなり飲み込みづらい展開です。

1作30分にも満たない短い時間の中で、しかも10話しかない。通常のドラマのようにじっくりと描くことが出来ないという制約がある中で、夢と現実の世界を描いていました。

主演であるジョナ・ヒル、エマ・ストーンの細かいバックボーンの説明に多くの時間を割いたのは良いのですが、治験を運営している多くのスタッフについても説明を加え、結果的に主演以外の多くのキャラクターの描写を加えているため、主演二人以外のキャラの描写が弱い印象がありました。

遠回しに言いましたが、説明を加えている割には治験を運営するスタッフのキャラは誰一人として魅力に感じることが出来ませんでした。短い時間でキャラの説明をして魅力を持たせるのは本当に難しいと思うんですが、ここは正直に言って出来なかったのは監督の力量不足なんじゃないかと。あるいは、今後の続編を想定してキャラの裾野を広げたのでしょうか。だとしたらまだ評価するのは早いんだけど・・・

 

とにかく、私の目にはジョナ・ヒル、エマ・ストーンのバディ・ドラマだと思って見てました。主演の二人が好きなら、楽しめると思います。

 

もちろん、私は楽しめたクチです!!!

 

今作では治験バイトで薬を飲んでしまい、夢の世界へ行ってしまうジョナ・ヒルとエマ・ストーン。夢の世界ならなんでもあり!ということで、ジョナ・ヒルとエマ・ストーンが80年代のアメリカのイケイケな世界観に飛び込んだり、CIAのスパイでバディものをやってみたり、エマ・ストーンがエルフになったり、ジョナヒルがギャングになったり、、、

 

世界観も時系列も「夢だから」という理由で一切関係なく、ハチャメチャな二人の7変化が堪能できる映画なんですよね。

 

最近のドラマは脚本が優れ過ぎていて、一つのシーンが今後の伏線になっているだとか、ストーリーに必ず一貫性があるだとか、クオリティがしっかりしすぎているんですけども、今作はあまりストーリーの巧みさに身構える必要はありません。ていうか、ストーリーはかなり破茶滅茶ですwww

 

ネタバレはあまりしたくないですが、物語上絶対に黒幕だろと思う奴が突然あれーってなったり、物語の核心的なところをセリフでサラッと言っちゃうし(ドラマだから仕方ないんだけど)、あまり脚本・演出としては上手くないという印象です。

 

とにかく、エマ・ストーンとジョナ・ヒルが夢の世界に入ってから本当に楽しいんです!!!!

 

数々の映画に出演している二人ですが、ジョナ・ヒルがギャングなんて見たことないし、エマ・ストーンがエルフちゃんなんてエマ・ストーンの可愛いキャラランキングを更新するし、なんたってあの二人がCIAのスパイでバディものですよ!?

 

たまんないっすよこんなのぉぉぉ!!!!!

 

 

 

一応、今作に込められたテーマがあって、「出会うべき人に出会う運命が必ずある」「きっとあなたもかけがえのない人に、ひょんな場所で会える」という出会いの奇跡と喜びをテーマにしています。

 

ただ、あまりこだわらずに見てもらえると嬉しいです。

 

 

 

 

 

[日本ネタは日本人しか楽しめない] 

 

今作はノルウェーのテレビドラマを原作にしてるんですが、妙に日本人キャスト及び日系人キャストが多く、やたらと日本語が飛び交うドラマだったんです。予告を見てる時はそんな感じなかったのになぁ、、

 

監督が日系人だからでしょうか? IMDBを見ても具体的な理由は書いてないです。ただ、日本語をあえてそのまま音声として流すことが、近未来感を演出することに成功しているし、それこそブレードランナー、イノセントっぽいなぁと。

 

治験を運営している製薬会社のスタッフが、やたらと日本人多いんですよ。受付の壁には「運命は変えられる」というデカデカとした文字があるし、治験が終わったアメリカ人に「お疲れ様でした」と思いっきり日本語で会釈するしwww どう見ても意図的に日本語を出してるのが面白くありました。

 

ただですね、すんごい違和感があったのがお辞儀の角度。お客さんや立場が上の人と出会う時には、必ず90度のお辞儀をするんですよwww

いやいや、ビジネスマナーで90度のお辞儀なんてありえないですからねww 謝罪会見レベルだよwww

 

日本人にとっては非常に違和感があるのですが、ハリウッドスターが出演する映画で母国語がそのまま流れてくるのは嬉しいですよね、やっぱり。中国人も今、ハリウッド映画で同じことを感じてるのかなぁ。。。

 

ちなみに、ララランドでエマ・ストーンと共演していたソノヤ・ミズノさんが出演しています。

彼女は日本で生まれてるんですが国籍はイギリス。のせいかあまり日本語が上手くない。でも、一生懸命喋っている日本語をどうしても喜んで聞いてしまう私なのでした。。。

 

 

 

[もう二人はあの頃と違う] 

 

スーパーバッドの頃は、自分の年齢と近い等身大の高校生役を演じたジョナ・ヒルとエマ・ストーン。

 

コメディ出身ということもあり、今作も笑いが炸裂するかと思いきや、それを封印して二人とも暗い役。

 

ジョナ・ヒルに関しては、ガリガリになったこともあって顔のシワが深く刻み込まれて見えたせいか、もはや演技派と言ってもいいくらいのハマりっぷりでした。最初は「おお〜、痩せてんじゃんジョナヒルwww お前誰だよww」と笑いながらテレビを一時停止し、思わずGoogleの画像検索でジョナヒルの体型変化を調べてしまっていたのですが、ドラマが進むにつれて本当に笑えなくなってきて、堕ちるところまで堕ちてしまったジョナヒルの「暗い演技」をこれほどまでに喰らってしまいました。あまり長く見すぎると、こちらまでダウンしちゃうような感じ。

 

そしてエマ・ストーンは、ハスキーな声と廃れたヤク中の生活という、すたれた役がピッタリでした。彼女は決して暗い印象はないですが、もうあまり人間を信用していないオーラを漂わせてるんですよね。自分に関係や興味を持とうとする人をすぐに拒絶してしまうすたれてしまった女性を演じてるんです。

 

個人的にはエマ・ストーンのファッションが大好きでした。めっちゃラフでファストファッション。適当に同じような服を着てるんですが、顔に見合わずダサいという、モテそうにないラフファッションが最高でしたねww 

ここ、共感してくれる人誰もいないと思うんですけどもww

 

エマストーンって平気で黒のパーカーとかねずみ色のニットとかを着てる映画がすごく多いんですけど、顔に見合わずガチでダサいんですよw あと、あんまりピッタリしてない服を着るのもエマ・ストーンの特徴なんですけど。

 

今作もほら、コートは立派なのにいくらでもかっこよく出来るのに、なんだこのズボンとパーカーはwww あと歩きタバコやめろww

 

「emma stone maniac」の画像検索結果

1503611132-gettyimages-831482338.jpg

 

もうエマストーンのすたれたビジュアルを徹底的に見せたかったんでしょうね。パスタを食べてるシーンが、猫背で食べ方が汚くて、超最高なんですよねwww

 

 

f:id:Machinaka:20180926204940p:plain

 images

 

なんだろう、この気持ち。

大好きなエマ・ストーンが自分に近い格好や癖をしてると、すごく親近感が湧くんでしょうね、私。

 

 

 

 

[スーパーバッドのメタネタも!] 

  

 今作はスーパーバッドとは似ても似つかぬ暗い話ではあるんですけど、最後はスーパーバッドと繋がってきます!!!!!

 

で、完全にスーパーバッドを意識したシーンが出てきます! ここ、見逃す方も多いと思うんで書いておきたいんです。

 

ジョナヒルに会いにとある施設に行くエマストーン。二人で脱走しようとジョナヒルに呼びかけるエマストーンは、トイレの個室でいきなり服を脱ぎだします。

 

その時俺は、「おおおおうふっ!!!!!」

 

と雄たけびをあげてたのですが、この下りをこれ位以上広げるつもりはありません。

 

脱いだ服はエマストーンからしたらやたらとデカイ服で、「これはお父さんの服なの。これを着ればバレないわ。絶対に。映画で見たことあるわ。」って言うんですよ!!!

 

これ、スーパーバッドでセス(ジョナヒル)がスーパーで酒を買いに行く時に、親父の服を勝手に借りて出て行くシーンのメタネタだと思うんですよwww

「jonah hill clothes superbad」の画像検索結果

film-superbad-2007-seth-jonah_hill-tops-cowboy_shirt-595x335.jpg

 

 

だからエマストーンが「映画で見たわ」っていうのは、スーパーバッドのことだと思うんですwwww

間違いなし!!!

 

もし違ってても、俺はそう思いたいwww

 

あまり映画の中で笑わなかった私ですが、最後の最後で笑ってしまったのでしたwwww

 

 

ジョナヒルとエマストーンが好きなら、絶対にオススメです!!!!!

 

 

エマストーンたんのエルフ姿を目に焼き付けろ!!!!!

 

 

 

 

読者登録で私の映画レビューをすぐにお届け!

「気になる映画が公開されたけど、面白いか不安。。。」

そんな時は私のブログへGO!  

新規に公開された映画を後悔せず見よう!なんちゃって。。

 

 

 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 20155,machinaka.hatenablog.com