Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「ガンズ・アキンボ」ネタバレあり感想解説と評価 ダニエル・ラドクリフの数奇な役者人生

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 
 
この記事では、「ガンズ・アキンボ」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 目次
 

まえがき

 

 

今回批評する映画はこちら

 

「ガンズ・アキンボ」

 

f:id:Machinaka:20210225200258p:plain

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.
 
ハリーポッターは全部見てるけど、あんまり感銘を受けなかったMachinakaです。
 
ラドクリフも数多くいる子役俳優の1人だと思ってたんですが、「スイスアーミーマン」の体当たり演技で彼の見方が180度変わりました。
 
ラドクリフの作品とあれば、欠かさず鑑賞したいほど大好きになったぜ!!
 

 

 

それでは「ガンズ・アキンボ」ネタバレあり感想解説と評価、始めます。

 

 

 

 
 

あらすじ

  
「スイス・アーミー・マン」「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフが主演を務め、両手に拳銃が固定された状態でデスゲームに参加させられた男の戦いを描いたアクション。ゲーム会社でプログラマーとして働くマイルズは、ネットの掲示板やコメント欄に過激な書き込みをして鬱憤を晴らしていた。ある日、マイルズは本物の殺し合いを生配信する闇サイト「スキズム」に攻撃的な書き込みを繰り返し、サイトを運営する闇組織のボスを怒らせてしまう。組織に襲撃され気を失ったマイルズが目を覚ますと、両手にボルトで拳銃が固定されていた。さらに元恋人も人質にとられたマイルズは、「スキズム」で最強の殺し屋ニックスに24時間以内に勝てば解放すると言い渡される。殺し屋ニックス役に「レディ・オア・ノット」のサマラ・ウィービング。監督・脚本は「デビルズ・メタル」のジェイソン・レイ・ハウデン。

eiga.com

 

 

 


映画『ガンズ・アキンボ』予告編

 
 
 
 
 

「ガンズ・アキンボ」のネタバレありの感想と解説(短評)

 

 
 

サイバーパンク的SF要素とゲーム要素を織り交ぜたジャンル・アクションムービー

 
うだつの上がらないゲームプログラマー、ダニエル・ラドクリフ演じるマイルズ。
 
クソみたいな仕事を終えた後、彼のやる事と言えばライブ配信やSNSなどのコメントにクソリプを送りつけるクソリプ・ラドクリフに成り果てていた。
 
出会い系ならぬ殺し屋系サイト「スキズム」のライブ配信にていつものようにクソリプを送りつけたところ、管理人がブチぎれマイルズの両手に銃を取り付けられる。
 
「24時間以内にニックスを殺せ」と管理人から告げられ、マイルズ自身がスキズムのプレイヤーとなってしまった。というのが大まかなあらすじでございます。
 
そんなクソみたいなマイルズの人生をあのダニエル・ラドクリフが演じ、殺し合いサイトや人体改造というサイバーパンク的な要素がありながらも、時代設定は現代。
 
過激な動画やゲームばかり消費している現代人の我々に何かを投げかけているようで、全く投げかけないエンタメ要素満載のジャンル・アクション・ムービーでございました!!
 
映画の冒頭からマイルズは手に銃を取り付けられてしまい、日常生活がままらない描写であったり、そもそも24時間以内に殺さないと自分が殺されるといったエクストリームな設定によって、終始ドキドキ・ハラハラできたのは今作の白眉だと思います!
 
殺し合いをやる以前に、スマホすらも上手く操作できないマイルズ。手が使えないため鼻でスマホをタッチし、スワイプは舌でペロッといっちゃう!
 
最近は悪役や汚れ役が多いラドクリフですが、彼の作品の中でもベスト級にみじめなシーンの連発で、アクション映画としてよりもまず、コメディ映画としての面白みを感じました!
 
刻々と時間が迫る中、ネット弁慶であるマイルズはリアルで人を殺せるはずもなく、銃を取り付けられたまま出社し大騒ぎになるシーンもご愛嬌でしたね。
 
とにかく、手が銃になってしまった特性を彼のみじめな人生と重ねて、まさに泣きっ面に蜂の惨状を笑い飛ばせるようなコメディタッチに仕立てられていて、冒頭からずーと笑える愉快な作品なのです! 
 
決して清潔感のある映画ではないので好き嫌いが分かれますが、僕は大好きです!!
 
 
序盤でさんざん笑わせてくれた後は、ついに標的ニックスとの対峙が始まりガンアクション&カーアクションで俺たちを飽きさせない。
 
アクションの撮り方が決して上手いとは思いませんが、次々と迫りくる敵を弱虫のマイルズがどうやって始末していくのか、顛末はぜひ劇場でご覧ください!
 
前にも見たことあるようなジャンル映画ではありましたが、予想を上回る満足度でした。
 
60点満点中80点を取っているような、良いジャンル映画の典型でございました!!
 
 

 

 

ラドクリフの数奇な役者人生

 

 

今作を見て感じたのは、ラドクリフって本当に数奇な役者人生を送ってんなぁと、しみじみ感じました。

 

「ハリーポッター」シリーズで鮮烈なデビューを飾ったダニエル・ラドクリフ。役者人生として最高のスタートを切ったようにも見えますが、実はポッターって生まれながらにして呪われてませんかね?

 

ヴォルデモートという最悪最強な敵と戦うように仕向けられ、普通の人生なんて贈れるはずもない。今作のようなクソみたいな人生って、実はハリーポッターから始まってたんじゃないですかね。

 

ハリー・ポッターと賢者の石 (字幕版)

ハリー・ポッターと賢者の石 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

そして「スイスアーミーマン」では、まさかの死体役として助演を努めることに。生まれながらにして悲惨な人生を送っていたラドクリフなのに、死んだ後も身体を弄ばれることに。 

 

スイス・アーミー・マン(字幕版)

スイス・アーミー・マン(字幕版)

  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: Prime Video
 

 

最近のラドクリフといえば髭面で昔のキラキラした面影はありません。でも、実は子供時代から彼は散々な人生を送っていたのかもしれません。

 

相棒だったエマ・ワトソンはディズニー映画に出る大メジャーな女優となり、フェミニスト運動にも積極的に参加して、まさに時の人となっているのに。

 

一方はメジャーで活躍してるのに、、、。彼の人生は一体どこから、歯車が狂ってしまったんだろう。どこで分岐点が生まれてしまったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の使い方は下手くそです

サービス精神旺盛でよく基本的には大肯定な映画なんですけど、一つ言いたいのは今作における「時間の使い方」が救いもないほどに下手な点。

 

まずは、スローモーションの多用。

 

冒頭から何度も何度も必要じゃない場面でスローモーションを多用しているせいで「慣れ」を覚えてしまい、結果として大事なシーンでスローモーションを使用しても、その効果が半減してしまう。

 

だから後半のスローモーションではカタルシスを得づらい結果となっていました。

あとそもそも、スローモーションばかり使うと必然的に進行が遅くなってしまい、テンポが悪くなってしまうんですよね。

 

 

そして、マイルズとニックスのとある計画を説明するために時間を一気に巻き戻し、再び同じシーンに戻る演出。

 

これ、「デッドプール」や「ハーレクイーン」、邦画なら「イニシエーションラブ」でもやっているんですけど、正直言って百害あって一利なしの演出だと思っています。

 

話は単純です、せっかく楽しんで見ていた動画を途中で巻き戻し、もう一回同じようなシーンを見たらどう感じますか? 「早く次のシーンに行けよ!」って思いませんか?

次のシーンに進むまで膨大な時間の無駄使いをしているわけですよ、この映画は。

 

映画は時間を操られるところが素晴らしいのに、なぜ巻き戻しという単純なやり方で時間を操ってしまうんだろうか。。

 

www.machinaka-movie-review.com

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

最後に、24時間というタイムリミットが全く活かされていない点

 

せっかく時間設定を設けたのだから、多少なりとも緊迫感を与えるようなシーンがあっても良かった。単に時間を設定しただけっていう印象に見えてしまって、勿体ないなぁと。

悪い言い方ですが、脚本の詰めが甘いなぁと思ってしまいました。 

 

 

 

 

 

今作を見て思い出した映画

 
・「鉄男」、「シザーハンズ」
 

手が武器になる映画といえば「鉄男」や「シザーハンズ」などがありますが、ここまでみじめな描かれ方は滅多にないと思います、本当に。

 

鉄男 ニューHDマスター

鉄男 ニューHDマスター

  • 発売日: 2016/05/12
  • メディア: Prime Video
 

 

シザーハンズ [Blu-ray]

シザーハンズ [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/03/05
  • メディア: Blu-ray
 

 

 
・「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」
 
スキズムという殺し合いのライブ配信サイトという設定のため、残りの弾数が表示されたり、「〇〇vs〇〇」などのテロップが表示されたり、「スコット・ピルグリム」を思い出すようなゲーム演出が多かったのが印象的。
 
ただ、テイストはスコットピルグリムのようにポップじゃなくて、パンク・メタル的なよりハードなテイストなんですが。

 

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 (字幕版)

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

・「ハードコア」

 

また、人体改造やラストのバトルシーン・ロック音楽の使い方などは「ハードコア」を思い出しましたね。

スタン・ブッシュの「ネバ―サレンダー」でラスボスを殺すシーン、本当にサイコー!!!!

 

ハードコア [Blu-ray]

ハードコア [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/10/04
  • メディア: Blu-ray
 
Never Surrender

Never Surrender

  • スタン・ブッシュ
  • ロック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

・「男たちの挽歌」

 

最後に、今作で最も言及されていたのは「男たちの挽歌」ではないでしょうか?

ニックスがマイルズを見て「香港映画の真似?」と問いかけるシーンがありますが、その香港映画こそ「男たちの挽歌」なのです。

 

二丁拳銃やおとりを使って復習の相手を成敗する設定など、非常にこの作品を意識していたように思います。

 

男たちの挽歌(字幕版)

男たちの挽歌(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

 

まとめ

はい、色々文句は出てくる映画ではありますが、冒頭でさんざん笑わせてもらって、ガンアクションありカーアクションありの盛りだくさんな内容。

 

それに最後の「ネバサレンダァァァァ!!!!」でアガること間違いなしの、エンタメ要素満載のジャンル映画でございました。

 

ラドクリフ、次回作はどんな役で出るんだろう。。

 

予想よりもはるかに楽しめた、オトクな作品でございました!!!

 

80点 / 60点 

 
関連画像

 

 
 
 以上です! ご覧いただきありがとうございました!
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com