Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「ターミネーター ニュー・フェイト」ネタバレあり感想解説と評価 ウンコにどんな味付けをしても、カレーにはなれない

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「ターミネーター ニュー・フェイト」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 
 
 
 
 目次
 

ネタバレありで感想と解説を始めます

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回批評する映画はこちら!

 

「ターミネーター ニュー・フェイト」

 

f:id:Machinaka:20191109100609j:plain

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film
 

正直、全く興味ありませんでした。。

 

ターミネーター2の正当な続編?いやいや、続編作るまでにどんだけ時間かかってんだよ、てか今までのターミネーターシリーズはなんだったんだよ?

と、口から文句しか言わなかった私。

 

普通なら絶対に見ないんですけど、なんと監督がティム・ミラーということで、、

 

デップーの監督がやるなら、絶対見に行く!!!

 

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 
 
それでは、「ターミネーター ニュー・フェイト」ネタバレあり感想いってみよー!!
 

 

 

 

 

あらすじ

  
・ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカムバックし、シリーズの顔であるT-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。グレース役に「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイビス、ダニー役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス。

eiga.com


 

 

 

 

 

 

 

それでは映画の感想でっっす!!

 

 

 

  

 

映画の感想

 

ノンストップアクション、主人公ダニーの謎、そしてサラがアイムバック!! 序盤は本当に最高で面白い!! 

 

・・・が、シュワちゃんと合流してから一気に失速。。なんだこれ、何が正式な続編だよ。ウンコだよ。

ジョン・コナーの無駄死にを、俺は許さない。

サラ・コナーは、もはやどうでもいい。

 

デッド・プールの監督だからという期待と宣伝文句にやられて鑑賞しましたが、見事に的外れ。

 

どんだけ中身がアレだろうと、宣伝で盛り上げることはできる。それはお見事。

でも、ウンコにどんな味付けをしても、カレーにはなれないんだよ。

 

 

 

 

 

前半最高、あとウンコ

 

はい、いつにも増してウンコと毒づく回数が増えてしまっております。お食事中の方、大変申し訳ありません。

 

散々酷評していますが、これだけは言いたい。

 

前半はサイコーーーッ!!!

 

具体的には

ダニーが工場で働きに行く時にターミネーターに襲われて乱闘→ターミネーター2を彷彿とさせるカーアクション→アメリカ国境で警察に捕まるも、ヘリで見事に脱出→山小屋でシュワちゃんと再開。

ここら辺のくだりまではワクワクして見ることができました。

 

なぜなら、物語をほとんど知らない状態でアクションと往年のターミネーターを堪能できるから。

 

 

今回のアクションは、前半に限っては非常に見やすく、キメシーンでは画面が一瞬止まってドヤ!と言わんばかりに見せてくれるんですよね。

 

まるで「ワンダーウーマン」や「アクアマン」のような、画面の止め方をしていて、見やすくてカッコよくて、大好きな演出でした。 

 

www.machinaka-movie-review.com

 

ameblo.jp

 

 

シュワちゃんと合流するシーンも良いです。「コマンドー」以来、山小屋に住むシュワちゃんを見ました。きっと若い頃は、こんな木の運び方をしたんでしょう。

ただ、仕事はカーテン屋を営んでいると言うこで、意外性100%で爆笑できましたw

シュワちゃんがカーテンについて熱く語るシーンもよかった!玄田哲章さんの声で「水玉模様のカーテンがいいんだ!」って語るのが本当に笑えてww

 

f:id:Machinaka:20191109105859j:plain

https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiQh7mt_dvlAhWHA4gKHXuhACoQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2146243825054564801%2F2146244291758959503&psig=AOvVaw0NP50-wM3CEnPGf7Aq_n4B&ust=1573349384392592

 

 

が、良いところもここで終わり。あとは地獄のようなウンコ演出のオンパレードで。

 

物語の薄っぺらさも大きいんですけど、個人的にはセリフばっかりでアクションが少なくなることが一番の問題でしたね。

 

新型のターミネーターは瞬発力タイプって設定になってますけど、あれ必要だったのか?シュワちゃんを上にするためのハンディキャップじゃないのか?と疑ってしまうほどです。

この瞬発力タイプってのが影響して、体を休めている時はひたすら会話シーンに徹底してしまうんですよ。だから全く動きがない。これじゃあダメなんだよ、アクションで語ってほしいよ。

 

 

 

 

ジョン・コナーの無駄死にを許さない

 

今回序盤でジョン・コナーが死んじゃうんですけど、これが本当に無駄死にで。

 

結局ジョンを殺した理由ってのが新たな主人公ダニーをジョンの代わりに人間側のリーダーにするって目的なんです。でも、こっちからしたらリーダーが女から男に変わっただけで、ジョン・コナーから交代しなければいけない理由が全くわからなくて。

 

新型のターミネーターも女性になり、サラ・コナーも女性、そしてジョンの代わりとなるダニーも女性。このターミネーター3人娘を活躍させようと画策しているのが透けて見えるような気がしてならないんです。

 

 

時代は変わり、女性が主人公となり戦う映画も増えました。でも、この映画に限っては「最近は女性が主人公だから、メインキャストみんな女性にしようぜ」って安易な発想に思えてしまうんですよね。

 

そう考えると、ジョン・コナーは無駄死になんですよ、本当に。。

 

 

 

カーテン屋で家計は支えられない

 

地味な考察ですが、今回のシュワちゃんはツッコミどころ満載で。いや、今回に限った話じゃないけど。

 

テキサスに移り住み密かに生活を続けている、シュワちゃん。

 

実年齢が70を超えていて、さすがに吹けるのも無理はないって思ってたんですが、ここで一つの疑問が。

 

ターミネーターって老けるの?

 

シュワちゃんは新型じゃないから擬態もできないし、皮膚って普通の人間と同じように老けちゃうのか? 素朴な疑問ですけどね、少しノイズになってしまいました。

 

一番大きかったノイズが、シュワちゃんの仕事がカーテン屋と言う点。

 

カーテン屋で家計を支えられんの?

 

アメリカの事情をよく分かってないですけど、カーテン屋には失礼な話ですけど、かなり頑張らないと一家を支えることはできなんじゃないかな?

 

インテリアを包括的にコーディネートする人ならまだしも、カーテン屋って。。

 

しかも高い銃をたくさん買ってるし、犬もいるし、そもそもあんな山小屋からクライアントの家まで行くまでのガソリン代も掛かるだろうし、全てが謎だったなぁ。。

 

 

ラストのアクションの見づらさといったら。。

 

ラストは飛行機内でバトルが起こるんですけど、本当に画面が真っ暗でカメラもカチャカチャで、何をしたいのかよくわからない。見づらくて仕方がないんです。

 

肝心のアクションも、後半は失速。カメラカチャカチャで暗くて見づらいアクションに辟易してしまいました。暗くて見づらいアクションは逃げだと思ってるんですよ、役者の動きも見づらくなるし、現場じゃなく編集でカッコよく見せようって方針でやってることに、好感できないんです。

 

正直、サラ・コナーもシュワちゃんももう動けないんじゃないかな?瞬発力タイプのターミネーターは、むしろシュワちゃんの方だったと思います。基本的に動かないアクションだと、こっちも見ていて辛いよ。

 

特にラストのバトルシーンではですね、シュワちゃんもグレースも倒れて寝そべっているんですよw

そこで何故かダニーが立ち上がってショットガンぶっ放すんですけど、いやいや俺らが見たいのはトーシロの戦いじゃないよ。ターミネーター同士の戦いだよ。

 

ただ、寝そべりながらもシュワちゃんに華をもたせたいのか、寝ている状態で腕を振り下ろして攻撃するという、寝癖の悪いシュワちゃんには爆笑できました。

 

まぁツッコミどころが満載で、愛すべきところはあるんですけどね。。いかんせんクソです。

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com