Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」ネタバレあり感想解説と評価 ガチおっさんの俺が見た結果…

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 
 
◆PR
 
私のこんなブログより遥かに面白い動画がありますので、ぜひぜひぜひ!ぜひともご覧ください!!!!!
 
 
 
 
 
 
 目次
 

ネタバレありで感想と解説を始めます

 
 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」

 
 

 

f:id:Machinaka:20190821195945j:plain

(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
 
 
正直言っていいですか?
最近まで
全く興味ありませんでした。
 
そして、
最近まで
ドラマ1話しか見てませんでした。
 
実はドラマを何度か見てたんですけど
最近まで
ドラマが本当にクッソつまらないって思ってて。
 
 
 
はい、そんな私がなぜこの映画を見ようと思ったかって?
 
金稼ぎ、いやPV稼ぎ、書いたら女にモテそう、なんとなくです。
 
 
お盆休みも終わり、大作らしい大作が公開されなくなったんでねぇ、見るものが減ってるんですよ。
 
だからまぁ大作ではないにしても、いろんな映画館でやってるものを見ようと思ってるんですよ。
 
 
ただ、公開が近づくにつれて、どんどん興味が湧いてきたんですよ。
 
 
後で詳しく書きますけどね、おじさんコメディ映画が大好きな私としては、これは避けては通れないと思ってきたんですよ。
 
 
そして、実はオレ向きの映画じゃね? 
 
と、半ば自己催眠のように自分を奮い立たせて、もう一回ちゃんとドラマと向き合おうと思ったんですよ。
 
 
 
 
 
 
で、ちゃんと見直した結果・・・・
 
 
 
おっさんずラブ超面白いじゃんっ!!!!
 
超キュンキュンするじゃん〜〜!!!
 
 
 
 
・・・はい、今までおっさんずラブを軽蔑していた私を、どうかお許しください。
 
本当に面白いよ!!!
 
ってか、なんでみんな見てないの!?
 
 
・・・改めてもう一度、私がこの映画を見る理由を言いますね。。
 
 
それは、、、
おっさんずラブが本当に面白いからだっ!!
 
 
 

それでは「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の共演で3人の男たちの恋愛を描いたテレビドラマで、2018年の新語・流行語大賞トップテンに選出されるなど社会現象的な人気を獲得したラブコメディ「おっさんずラブ」の劇場版。ドラマでの三角関係をグレードアップさせた、おっさんたちによる「五角関係」の恋愛バトルが描かれる。春田創一が上海、香港転勤から1年ぶりに日本へ帰ってきた。黒澤武蔵をはじめとする天空不動産第二営業所のメンバーたちが春田を歓迎する中、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが春田たちの前に現れた。リーダーの狸穴迅は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。狸穴の側に本社に異動した牧凌太の姿を目にして激しく動揺する春田を新入社員のジャスティスこと山田正義が元気づける。そして、あの時に終わったはずだった黒澤の恋心にもふたたび火がついてしまい……。田中、吉田、林らドラマ版のキャストに加え、劇場版で新たに登場する狸穴役を沢村一樹、ジャスティス役を志尊淳がそれぞれ演じる。

eiga.com

 



 
 
 
 

 

 

おじさんコメディ好きとして、避けては通れない

 
私、、おっさんが大好きでありまして
 
厳密には、おっさんが主人公のコメディ映画が大好きなんですよ。
 
清潔感のない無精ヒゲ。
ゆとり世代でもないくせに、ゆとりのある腹。
 
昔の映画なら絶対に主人公にならないクソメンが、主人公になってるんですよねw
 
おっさんずラブの方がどれくらいご存知か分かりませんが、アメリカコメディ界で大変有名な、ジャド・アパトゥー軍団の映画が大好きで。

 

 「40歳の童貞男」とか

 

40歳の童貞男 (字幕版)

40歳の童貞男 (字幕版)

 

 

 セス・ローゲンが出てる映画とか

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 ジャド・アパトゥー軍団以外にも、ウィル・フェレル映画も大好きで

 

 

 ポール・ラッドも好きで

我が家のおバカで愛しいアニキ [DVD]

我が家のおバカで愛しいアニキ [DVD]

 

 

昔は超絶キワモノだった、サシャ・バロン・コーエンも好きで

 

無論、サイモン・ペッグも好きで
 

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

他にもまだまだあるんですけど、まぁこれくらいにしておきましょう笑

上にあげた映画のリストを見て分かると思うんですけど、、

 

邦画でおじさんコメディ映画がない!!

 

日本じゃどうしても若くて清々しい男が主役で、おじさんが主人公ってないじゃないですか。

 

まぁ、おっさんずラブも田中圭が主演なので、私が好きなコメディ映画のおじさん像ではないんですけど。

ただ、おっさんずラブには吉田鋼太郎っていう最高に良いおじさんがいるじゃないですか!!

 

ここに本当に感動したんですよ、私は!!

 

吉田鋼太郎さんが、はるたん好きぃぃいいい!!っていう名セリフを聞いた途端、もう笑いが止まらなくて。。まだ清潔感あると言っても、ぶっちゃけおじさんの吉田鋼太郎さんがメインで恋愛するって、本当に珍しいと思ったんですよ!!

 

全体を見通すとやっぱりイケメンが勢ぞろいなんですけど、吉田鋼太郎さんの濃厚なおっさん成分のおかげで、俺の琴線に触れることができたんですよねぇ。

 

本当に感謝です!!!吉田鋼太郎さん!!

 

 

 

吉田鋼太郎さんは信頼できる

 
おっさんずラブに興味が湧いたのは、もう一つ理由があって・・
 
吉田鋼太郎さんが出ている「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」が今年の邦画ベスト!!
 
って言いたくなるほどの名作で。

 

ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん Blu-ray BOX (豪華版)

ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん Blu-ray BOX (豪華版)

 

 

思わずゲーム買っちゃったしねw

 

 

 
 
もう、今吉田鋼太郎さんには目がない状態でしてね、、これから楽しみで仕方ありません!!!!
 
 
 
それでは映画の感想でっす!!!
 
 
 

映画の感想

予想はしてたけど、作りは全くもってテレビのまんま 
 
映画ファンとしては、これを映画と言いたくない 
 
も、そんなことはどうでもよくなるくらい、愛と笑いに満ち溢れてる作品 
 
女性向け?LGBT向け? 
 
そんなの関係ない!!
おっさんずラブは、世界でも類を見ないLGBTファンタジーだ!!
 
どんな形であれ、俺は邦画コメディを応援したいしおっさんずラブを応援したいし、何より俺も春たんを応援したいお!! 
 
ここまで映画館が笑ったのは、リアルに「銀魂」以来だよw 
 

 

ameblo.jp

 

 
家のテレビじゃ1人で笑ってた人も、周りに共感してくれる人がいなくても、映画館ならみんなで一緒に笑えるんだよ!! 
 
おっさんずラブ見た人も、これをきっかけに映画館で笑おう!!

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

 

 

テレビ作品として貫いた姿勢を評価したい

 

はい、最近はやりのテレビの映画化。

 

「劇場版◯◯」とか、もうどれだけ公開されてきたか。。

 

今作もご多分に洩れず 、れっきとしたテレビ映画でして。

 

しかも、映画としてのクオリティはまぁ、、、アレで。

 

まぁこれは俺が悪いんですけど、今作を見る30分前にはエルトンジョンの「ロケットマン」を見ていたこともあって、この落差たるや。

 

正直、クオリティとかノリはテレ東制作の「キス我慢選手権」ですよw

よくよく考えたら、春田が最後の最後までキスしないから、キス我慢選手権まんまだよw

 

 

 

 

映画化が決定して予算が多く取れたから、とりあえず海外ロケ行こうみたいなノリはイケイケのテレビマンの発想そのままで、全く映画に関係ないのにオーストラリア行った「さらばあぶない刑事」のようで

 

www.machinaka-movie-review.com

 

これネタバレですけど、ラストは「コードブルー」みたいでしたからねww あれだけ私が酷評した映画と、ラストが似てるんですよね。

 

ameblo.jp

 

 

はい、散々これだけ文句を言ってましたが、改めて言わせてください。

 

 

本当に面白かったお!!!

 

部長に笑わされ、泣かされたお!!!

 

春たん、俺も好きだお!! おじさんの俺も好きだお!!

 

 

男の俺がこの映画を見るなんて、本当にありえないって思うかもしれません。実際に劇場は女ばっかでしたよ。いい匂いしましたよ。

 

でもねぇ、今作は決して女向けでもないし、同性愛者向けでもないし、誰でも楽しめるラブコメなんですよ。

 

おっさんずラブって言っておきながら、結局メインの2人はイケメンじゃんとか、文句を言いたくなることもあります。

 

そんなの全然関係ないお!!

 

 

おっさんずラブの魅力は恋愛も春たんへの愛もあるんですけど、コメディ好きの俺的にはやっぱり笑えることにあると思ってて

 

これまで数多くのコメディ映画を見てる私ですが、今回は誰が見ても爆笑できるシーンは数多くあったと思います。結局、黒澤部長が全部持ってくんですけどねww

 

しかも、映画館の大きなスクリーンで知らない人たちと大爆笑して、一緒に作品を共有できるこの嬉しさですよ。

 

テレビと全く同じ作り方でも面白くするやり方があるんだって、本当に感心しました。

よく貫きましたね。作風も、春たんへの愛も。

 

これまでテレビの劇場版が数多くありましたが、無理にテレビから作りを変えないまま、作品の力で観客を楽しませる映画も珍しいと思いました。

 

彼女に連れられて無理やり見させられた人も、きっと笑ってるはずです。黒澤部長の前では、誰もが笑わずにはいられませんから!!!

 

 

 

 

 

世界にも類を見ない、LGBTファンタジーが劇場で

 

おっさんずラブの最大の特徴。それはタイトルにもある通り、同性愛。

 

ちなみに、Netflixでは「LGBTQ」のジャンルに入っているようです。日本だと、そういう言い方されないですが。

 

f:id:Machinaka:20190824011719p:plain

Netflix

 

ただ、おっさんずラブのLGBTって、すごくおふざけ感満載で、世界的にLGBTについて真面目に取り組む作品が多い中で、おっさんずラブは同性愛ファンタジーというか、LGBTファンタジーになってるんですよねw

 

今作は、田中圭、林遣都、吉田鋼太郎、眞島秀和などのメインキャストの恋愛バトルはもちろんの事、沢村一樹と志尊淳も入ってもうグッチャグチャのワッチャワチャで。

 

これだけの男たちが集まって、同性愛のディープなところをついて来ると思いきや、まるでおとぎ話の世界に入ったような、衝撃展開のファンタジーになってるんですよね。

 

普通のLGBT映画って、ちょっとキツいところもやるんですよ。確実に下の話に入ってくるので。

ただ、今作はこれだけ同性愛を描きながらも、絶対にセックス描写はやらない。やってもキス。しかも、今回は溜めに溜めに溜めて、最後にキッス。

 

すごく表現が柔らかいんですよね。人によっては、ユルいって怒る人もいると思うんですけど。

私は逆に、こうすることで見る人の間口を広げてるなあと思うんです。

 

今作を見て、男同士が恋愛してても全く違和感なくて、同性愛描写が笑いになって感動になって、ごくごく当たり前に同性愛が受け入れられる世界っていうのは現実的に考えたらまだファンタジーと言っていいかもしれない。

 

ただ、多様性への理解はファンタジーから入ってもいいじゃないですか?

 

今回、上海から帰ってきた春たんが部長と抱き合うシーンも、ごくごく当たり前に撮ってて。偏見が異様にない社会ってのはファンタジーだけど、そういう仮想世界があってもいいと思うんですよね。

 

この特徴こそ、おっさんずラブの真骨頂なのかもしれません。

 

 

 

 

秀逸なギャグが炸裂!

スラップスティックなギャグはまるでコント

今回一番面白かったのは、田中圭、林遣都、吉田鋼太郎、沢村一樹、そして志尊淳の5人が一緒にサウナに行くシーン。

 

相手を殴ったり水をかけるオフビートなテイストのシーンは、まるでテレビのコントのようであるんですけど、もうそんなの関係なく笑っていましたねw

 

 

結局、部長が全部持っていく

なんだかんだ、黒澤部長が全部持ってくるんですよねw

春たんを見つめる目とか、語尾に「◯◯お」って付けたり、あれだけダンディーに見える人が春たんの前では無防備になっちゃうんですよなぁ。。

 

 

テレ朝セルフパロディに爆笑

部長の記憶がなくなって、春たんの名前が思い出せない時、部長は「君の名は?」って連発するんですよ。これ、テレ朝制作の「君の名は」のセルフパロディだよねww

 

 

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

 

前に座ってたおやじ達は、ひょっとして・・・

すっごくどうでもいい話なんですけど

 

今回前の方に座ったんですけど、前はガラガラなのに後ろだけは超満席で。後ろは女の人ばっかだったんですけど、前に男が集中してるんですよ

 

 

もしかしたら、私の周りにいたおじさんたちは、ノンケじゃなかったのかな。。

 

 

 

「ロケットマン」と同日公開されてる偶然

 

同性愛が共通点の、「ロケットマン」ですが、これが今作と同日公開なんてね。。

こんな

 
 

 
 
 
 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com