Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「MIB メンインブラック インターナショナル」4DXネタバレあり感想解説 光演出で観客の記憶が消える!?

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「MIB メンインブラック インターナショナル」の4DXネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
 
MIBの新作で4DX、どんなキセキが起こるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 目次
 

はじめに

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「MIB メンインブラック インターナショナル」

 
 

f:id:Machinaka:20190613222928j:plain

©Men in Black International, Sony Pictures Entertainment
 
 よいしょおおおお!!!! 
 
いかにもハリウッドらしい、ブロックバスター映画!!!!
 
クリヘム、テッサ・トンプソンがダブル主演の映画だぞおおおお!!!!
 
男女混合で「インターナショナル」というタイトルがついてるから、いかにもポリコレ臭がする映画にも見えるんですけど、そんなの一切吹き飛ばして観れるような楽しい作品になってくれることを祈っています!!
 
地球とエイリアンが同居する世界で、ニュースにもならない影の活動を繰り広げるMIBのメンバーたち。
 
ウィルスミスはもう、いないのか?
 
若返りが著しいMIBで、しかも4DXで!! 宇宙人とのバトルをどうやって演出してくれるのか? 2Dもいいし3Dもいいけど、こういうブロックバスター作品は4DXに限りますよね!!!!
 
 
 

それでは「アラジン」4DX、感想・解説、ネタバレありでいってみよー!!!! 

 

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

 
・地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。主演は、過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。ヘムズワースが演じるイケメンでチャラ男風な先輩エージェントのHと、トンプソンが扮するエリート新人女性エージェントのMという、性格のまったく異なる男女のエージェントがコンビを組み、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑む。そのほかの出演は「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン、前作に続きエージェントO役を演じるエマ・トンプソン、「ミッション:インポッシブル」シリーズのレベッカ・ファーガソン。監督は「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。

eiga.com

 


 


【本編映像】<謎のエイリアン登場>編 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』6月14日(金)公開

 

 

 

4DXの概要

 
 
 4DXってなかなかイメージが湧きづらいと思いますけども、この動画を見れば一発かと思います。
 
シートが揺れる!だけでなく水も出る風も出る雷も出る! あらゆる自然現象を最先端の技術で再現しているのがこの4DXなんです!
 
 
 
機能としては全部で20機能があり、下記の画像の通りです。
 
シートは3軸で、鉛直方向、水平方向、そしてマッサージチェアのように傾きが変わる!さらに振動もついている、まるでリアルマッサージ・・にしては刺激的ですが。
 
さらに自然現象を再現する効果として水、雷、風、そして雪が再現できるようになっております。信じられないかもしれませんが、これマジです。
 
f:id:Machinaka:20190113191052p:plain
 

 

 ちなみに日本での公式サイトはこちら!

 

www.cj4dx.com

 

「日本での」?

実はですね、4DXを運営している大元は韓国のソウルにあります。

だからハングル語で4DXのポスターが多く貼ってあるんです。

 

 

 

これまでの4DX鑑賞歴とMIBインターナショナルへの期待

 4DXの記事を書くときに、もはやテンプレになってる下りですが、ちょっと書かせてください。リンク貼らせてくださいwww

 

私はこれまで、数多くの4DXを体験してきてました。

 

 

おすましペガサス映画「ミッションインポッシブル6フォールアウト」ネタバレなし感想解説 4DXとトムが酷暑をハック

おすましペガサス映画「ジュラシック・ワールド2炎の王国」ネタバレなし感想解説 4DXしか味わえないアノ恐竜のアレ

おすましペガサス映画「ハンソロ スターウォーズストーリー」4DXネタバレあり感想解説 4DXで、ソロは輝く 

おすましペガサス【保存版】4DXとMX4D、真の4Dはどっちか徹底比較!オススメの4Dは?4D映画館一覧表付き!

おすましペガサス映画「デッドプール2」を4DXで観るべき4つのDX(デラックス)な理由/第4の壁を超えていけ!

おすましペガサス映画「メイズランナー最後の迷宮」(4DX) ネタバレなし感想解説 長いマラソン、お疲れ様でした

おすましペガサス4DX「ハイローHIGH&LOW THE MOVIE」感想ネタバレ やっぱ4DXだよ琥珀さん!

おすましペガサス映画「アントマン&ワスプ」ネタバレ感想(4DX) マーヴェルなのリアル路線だから生きる4DX!

おすましペガサス映画「ザ・プレデター」4DXネタバレなし感想解説 4DX史上最強の水撃に君は耐えられるか?

おすましペガサス映画「名探偵コナンゼロの執行人」4DX感想ネタバレあり解説 真の4Dは、いつも一つ! | Machinakaの映画夢日記

 おすましペガサス映画「ヴェノム」ネタバレあり感想解説 4DXナイス!ガイズ!俺たち映画ならず者! - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「ボヘミアン・ラプソディ」4DXネタバレあり感想 4dx are the Champion!!

 おすましペガサス映画「ファンタスティック・ビースト2黒い魔法使いの誕生」4DXネタバレあり感想 ファンタビ24DX上映館に魔法が掛かる!!

おすましペガサス映画「ドラゴンボール超ブロリー」4DXネタバレあり感想 4DXでスーパーサイヤ人に!映画とフュージョン! 

おすましペガサス 映画「シュガー・ラッシュ2 オンライン」感想ネタバレあり解説 プリンセス大集合!小ネタパロディ祭り! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「僕のヒーローアカデミア2人の英雄」4DXネタバレあり感想 4DXの『個性』で映画が100倍面白く! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「ファースト・マン」4DXネタバレあり感想 4DX映画館に初着陸せよ!ファーストクラスの究極宇宙体験! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「アクアマン」4DXネタバレあり感想 映画館がアトラクションなアトランティス!4DXダイエットのススメ - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「アリータ バトルエンジェル」4DXネタバレあり感想 「銃無」しの格闘アクションが光る! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「スパイダーマン:スパイダーバース」4DXネタバレあり感想 アカデミー賞映画を4DXで見る贅沢!4DXで映画は新たな時代へ! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「キャプテンマーベル」4DXネタバレあり感想 猫と炎に抱かれて悶えろ!熱風飛び交う激アツ映画体験! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「バンブルビー」4DXネタバレあり感想 マイケル・ベイ監修?ド派手4Dに俺の体が変形しそうに - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「Fate/stay night Heaven's Feel 2」4DXネタバレあり感想 4DXで聖杯戦争に参加せよ!桜が観客に抱きつく驚きの機能も!? - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」4DXネタバレあり感想 (予想)4DX版コナンはもっと凄いに違いない! - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「シャザム!」4DXネタバレあり感想 4D映画史上最強の光演出!菅田将暉くんと一緒にキラキラ2ショット! - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「アベンジャーズ エンドゲーム」4DXネタバレあり感想解説 4DXッ、アッセンブル!日本よ、これが4DXだ! - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「貞子 (2019新作)」4DXネタバレあり感想解説 映画館がお化け屋敷に!?鑑賞前に足首出しておいてください!! - Machinakaの日記

  おすましペガサス映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」4DXネタバレあり感想解説 キングオブ4DX!劇場でゴジラに喰われろ! - Machinakaの日記

 

 

計:30本。これで、31本目となります。

 

MIBはもともとニューヨークにある隠れた秘密組織MIBを舞台にして、地球人と宇宙人のバトルがコミカルに描かれる物語。

 

SFではありますが、舞台は地球なので車やバイクなどの乗り物もたくさん出てくるんですよね。

 

今作でもほら!!

 

f:id:Machinaka:20190613224158j:plain

©Men in Black International, Sony Pictures Entertainment

 

 

乗り物が出てきたら迷わず4DXを選べ!! ってのが私が口すっぱく言ってることですけど、クリヘムがバイクに乗ってるだけでタダじゃ済まされない感がありますよねww

 

もちろん宇宙人のアクションによる4DX演出も期待ですが、現時点では乗り物アクションとして十分堪能できると思っています!

 

 

ハリウッドのブロックバスター映画であれば、最低限度の撮れ高はありますし、如何にもこうにも期待してしまいます。。

 

 

それでは4DX映画の感想でっす!!

 

 

 

4DXの感想

 

人間と宇宙人が共存する、まさしく異次元世界が舞台のMIBと4DXの相性は抜群!! 

 

記憶を消す装置ニューラライザーが光る瞬間、劇場がピカッと光り、俺の記憶が・・・あれ? 

俺、今何見てるんだっけ? 

 

劇場を覆う強烈すぎる光とスクリーンに映るニューラライザーで、観客の記憶が消える!? 

 

車・バイク・船・飛行機!あらゆる乗り物が登場し4DXの独壇場的なシーンてんこ盛り!! やっぱりブロックバスター映画はこうじゃなきゃ!

 

絶対に4DXでの鑑賞をオススメします!!!

 

 

 

 

4DXで時代の風を感じろ!!!

 

はい、事前の予想通り、車・バイク・船・飛行機・・あらゆる乗り物が登場する見せ場てんこ盛りの4DX映画でございました!!

 

近未来の世界観だからこそ、乗り物も進化していて、絶対に現実世界じゃ実現できなそうな空を飛ぶバイクで陸海空を走ったりして、4DXが得意とする乗り物演出と非常に相性の良い作品だったと思います。

 

とまぁ乗り物のことをこれまで書いてきましたが、今作で素晴らしいのは

 

〜〜風〜〜

 

4DXでは劇場全体を覆う風を送る機能が付いてるんですけど、台風のような強烈な風を出すこともできれば、何か巨大なものが通り過ぎたような後を引く風も出すことができるんですよね。

 

今回は終始劇場全体に後を引くような風が流れて、映画のシーンを盛り立てるような作りが強調されたのがGOODでした。

 

例えば、クリヘムとテッサ・トンプソンがバイクを爆速で乗り回し、急ブレーキで降りるところで、風がサァーーーと流れてくるんです。まるでバイクの勢いで風が押し込まれたような、そんな感覚を味わえるんですよね。

 

正直、今回は水やモーションシートの勢いは弱めだったので、風によって劇場に臨場感が生まれたのがよかったですね。

 

今回の4DX、主人公が黒人女性テッサ・トンプソンとなり、彼女が「Men(男) In Black?」とあえて疑問を投げかけるあたり、現代の男女価値観とMIBの設定との乖離を批判するような作りになってるんですね。

もはやMIBも、時代の波の影響を受けるところまで来たのかもしれません。

 

今回の4DXの風機能によって、そんな時代の風を感じられるのも味わい深いところです。

  

 

 

 

強烈な光演出で観客の記憶が消える!?

 

さて、MIBの中でも一番有名なガジェット、ニューラライザー !!!

 

 

ってあれ? みなさんご存知でない?

 

ほら、記憶を消すために使う道具ですよ、あれですよ!!

 

ピカッと光るあれですよ!

 

今回ももちろん、ニューラライザーが多用されるんですけど、使うタイミングで劇場の両サイドから光がピカッ!!と光るんですよね。

まるで、ニューラライザーが劇場全体に作用したような演出を、4DXでやってくれるんです。

 

光といっても、単に劇場の明かりが戻るわけじゃないんです。

劇場の両サイドには大きな蛍光灯が設置されていて、これが明滅することによって、雷などを模擬するために使われる4DX演出なんですよね。

 

ただ、今回のMIBでニューラライザーが使われることにより、今回は雷などの自然現象を再現するだけでなく、ニューラライザーの強烈な光を見事に再現できたと言えるんですよね。

 

ニューラライザーと劇場のライトがピカッと光った瞬間ですね、あまりに眩しすぎて目の前は真っ白。

今何を見てるか一瞬分からなくなり、ほんの少しですが記憶が失われたような感覚に陥ることができるんです。

 

え?俺今何を見てるんだっけ?と記憶喪失状態を疑似体験することができるんですよね!!

 

ニューラライザーに思い入れがある人は、すごく楽しめると思います!!

 

 

 

 

MIB本部に潜り込むシーンでモーションシートの真骨頂が出る!

 

あとはモーションシート。今回すごいと思った演出は、地下にあるMIBの本部に潜り込むシーンですね。

 

MIBの本部は地下にあり、エレベーターでひたすら下降して本部に向かうんですけど、その時に座席もグンッと前に傾くんですよね。

 

座席自体が地下に潜るわけはないんですけど、座席が前のめりになると少しながら人間の体は「下に潜っている」と錯覚してしまうようで、3Dの奥行き感も相まって、自分自身がMIBに向かってるような感じがしたのもよかったです!!

 

 

 

ただ、クラブのシーンは

 

 最後の最後に申し訳ないんですけど、、、ってか褒めすぎるのもアレだと思うんで、もう少し頑張って欲しい点を挙げます。

 

4DXのモーションシートって、ただ座席が揺れたり回転したりするだけじゃなくて、「振動」という大事な機能が隠されてるんですよね(隠してるっていうか、あまりイメージ湧かないと思うんで)

 

この振動機能によって、劇中に重低音が流れている時は座席がサブウーハーに劇的進化!! 座席全体で音楽を感じられるようになるんですよね。

 

4DXは「映画じゃなくアトラクション」とかよく言われてますけど、この「振動機能」はアトラクションには絶対に付いてないですからね。

アトラクション的要素があると言うよりは、映画の演出を拡張するためにシートが揺れたりするんですよ。ちゃんと音楽を感じて欲しいから、座席に振動機能をつけてウーハー的な機能も担ったりするんですよ。

 

だから4DXはアトラクションでなく、映画を体験するために最適な空間とも思うんですよね。

 

わかったか、お前ら!!!

(誰に怒ってるんだ)

 

 

だから音楽映画の「ボヘミアンラプソディ4DX」は本当によかったんですよね。座席全体で音楽の響きを感じることができたんですよ。

 

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

今回のMIBも音楽は流れるんですけど、それがクラブのEDM的な音楽で。

その音楽に乗ってパリピ達が激しい動きをするんですけど・・・

 

4DXはなぜか音楽の方じゃなく、踊ってるパリピ達に焦点を当ててしまって、やたらと小刻みな動きでシートが揺れたんですよね。

ごめん、これ正直あまり良い気分とは言えなかった。。

 

揺れるのはいいんですよ。ただ、正直パリピ達に全く感情移入してない俺的には、ユッサユサと揺られてもあまり乗れなかったんです。。てか、揺れが小刻みで激しすぎて、体が付いてなかったのも本音なんですけどね。

 

無理して揺らすことなく、あそこはクラブミュージックの重低音を再現することに集中してくれればよかったのになぁと思ってしまいました。

 

 

 

・・・とまぁ少し苦言を呈すようなことをいってしまいましたが、ぶっちゃけそんなの屁でもないです! それ以上に楽しいことが満載ですから、是非とも楽しんでいってくださいね!!!!

 

あと最後に、、

 

4DXの楽しい思い出が消えることのないよう、ちゃんとサングラス (3Dメガネ)は必ず着用でお願いしまっす!!

 

 

 

 

 

 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com