Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け




映画「フォードvsフェラーリ」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! 7000回転でシートの揺れに劇的変化が!!

 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
この記事では、「フォードvsフェラーリ」の4DXネタバレあり感想解説記事を書いています。
 
映画本編の記事はこちらです。
 
 
 
 目次
 
 

ネタバレなしで感想と解説を始めます

 
 
こんにちは! 
 
Machinakaです!! 
 
Twitterもやってます!
 
 

 

今回公開する映画はこちら!

 

「フォードvsフェラーリ」

 
 

f:id:Machinaka:20200110000458j:plain

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 実は東京国際映画祭でいち早く鑑賞しております。

 

本編の感想はこちら

 

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

 

映画を見てる時、ずっと思っていました。

 

「こんな面白い映画が4DXで流れたらどうなるんだろう」

 

「モータースポーツ映画と4DXの相性は、最高以外の何ものでもない」

 

と、4DXと今作との相性は抜群、これまで50本近く4DXを見てきた私だからこそ、自信を持って言えます。

 

(まだ見てないけど)フォードVSフェラーリは、最高の4DX映画になる!!と!!

  
 

それでは「フォードvsフェラーリ」、感想・解説、ネタバレなありでいってみよー!!!!  

 

 

 

 

 

 
 

あらすじ

  
・マット・デイモンとクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演を務め、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社の使命を受けたカーエンジニア、キャロル・シェルビーは、絶対王者エンツォ・フェラーリ率いる常勝チーム、フェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。やがてシェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつける。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが……。エンジニアのシェルビーをデイモン、レーサーのマイルズをベールがそれぞれ演じる。監督は「LOGAN ローガン」「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」のジェームズ・マンゴールド

eiga.com

 

 


【動画】映画「フォードVSフェラーリ」予告第一弾が公開。激しいレースシーンやクラッシュ、そして人間模様も

 

 

 

4DXの概要

 

 

 4DXってなかなかイメージが湧きづらいと思いますけども、この動画を見れば一発かと思います。

 

シートが揺れる!だけでなく水も出る風も出る雷も出る! あらゆる自然現象を最先端の技術で再現しているのがこの4DXなんです!

 

 


La 4DX, une expérience de cinéma à couper le souffle !

 

 

 

機能としては全部で20機能があり、下記の画像の通りです。

 

シートは3軸で、鉛直方向、水平方向、そしてマッサージチェアのように傾きが変わる!さらに振動もついている、まるでリアルマッサージ・・にしては刺激的ですが。

 

さらに自然現象を再現する効果として水、雷、風、そして雪が再現できるようになっております。信じられないかもしれませんが、これマジです。

 

f:id:Machinaka:20190113191052p:plain

 

 

 ちなみに日本での公式サイトはこちら!

 

www.cj4dx.com

 

「日本での」?

実はですね、4DXを運営している大元は韓国のソウルにあります。

だからハングル語で4DXのポスターが多く貼ってあるんです。

 

 

  

 

 

これまでの4DX鑑賞歴

 

 4DXの記事を書くときに、もはやテンプレになってる下りですが、ちょっと書かせてください。リンク貼らせてくださいwww

 

私はこれまで、数多くの4DXを体験してきてました。

 

  

おすましペガサス映画「ミッションインポッシブル6フォールアウト」ネタバレなし感想解説 4DXとトムが酷暑をハック

おすましペガサス映画「ジュラシック・ワールド2炎の王国」ネタバレなし感想解説 4DXしか味わえないアノ恐竜のアレ

おすましペガサス映画「ハンソロ スターウォーズストーリー」4DXネタバレあり感想解説 4DXで、ソロは輝く 

おすましペガサス【保存版】4DXとMX4D、真の4Dはどっちか徹底比較!オススメの4Dは?4D映画館一覧表付き!

おすましペガサス映画「デッドプール2」を4DXで観るべき4つのDX(デラックス)な理由/第4の壁を超えていけ!

おすましペガサス映画「メイズランナー最後の迷宮」(4DX) ネタバレなし感想解説 長いマラソン、お疲れ様でした

おすましペガサス4DX「ハイローHIGH&LOW THE MOVIE」感想ネタバレ やっぱ4DXだよ琥珀さん!

おすましペガサス映画「アントマン&ワスプ」ネタバレ感想(4DX) マーヴェルなのリアル路線だから生きる4DX!

おすましペガサス映画「ザ・プレデター」4DXネタバレなし感想解説 4DX史上最強の水撃に君は耐えられるか?

おすましペガサス映画「名探偵コナンゼロの執行人」4DX感想ネタバレあり解説 真の4Dは、いつも一つ! | Machinakaの映画夢日記

 おすましペガサス映画「ヴェノム」ネタバレあり感想解説 4DXナイス!ガイズ!俺たち映画ならず者! - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「ボヘミアン・ラプソディ」4DXネタバレあり感想 4dx are the Champion!!

 おすましペガサス映画「ファンタスティック・ビースト2黒い魔法使いの誕生」4DXネタバレあり感想 ファンタビ24DX上映館に魔法が掛かる!!

おすましペガサス映画「ドラゴンボール超ブロリー」4DXネタバレあり感想 4DXでスーパーサイヤ人に!映画とフュージョン! 

おすましペガサス 映画「シュガー・ラッシュ2 オンライン」感想ネタバレあり解説 プリンセス大集合!小ネタパロディ祭り! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「僕のヒーローアカデミア2人の英雄」4DXネタバレあり感想 4DXの『個性』で映画が100倍面白く! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「ファースト・マン」4DXネタバレあり感想 4DX映画館に初着陸せよ!ファーストクラスの究極宇宙体験! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「アクアマン」4DXネタバレあり感想 映画館がアトラクションなアトランティス!4DXダイエットのススメ - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「アリータ バトルエンジェル」4DXネタバレあり感想 「銃無」しの格闘アクションが光る! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「スパイダーマン:スパイダーバース」4DXネタバレあり感想 アカデミー賞映画を4DXで見る贅沢!4DXで映画は新たな時代へ! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「キャプテンマーベル」4DXネタバレあり感想 猫と炎に抱かれて悶えろ!熱風飛び交う激アツ映画体験! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「バンブルビー」4DXネタバレあり感想 マイケル・ベイ監修?ド派手4Dに俺の体が変形しそうに - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「Fate/stay night Heaven's Feel 2」4DXネタバレあり感想 4DXで聖杯戦争に参加せよ!桜が観客に抱きつく驚きの機能も!? - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」4DXネタバレあり感想 (予想)4DX版コナンはもっと凄いに違いない! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「シャザム!」4DXネタバレあり感想 4D映画史上最強の光演出!菅田将暉くんと一緒にキラキラ2ショット! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「アベンジャーズ エンドゲーム」4DXネタバレあり感想解説 4DXッ、アッセンブル!日本よ、これが4DXだ! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「貞子 (2019新作)」4DXネタバレあり感想解説 映画館がお化け屋敷に!?鑑賞前に足首出しておいてください!! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」4DXネタバレあり感想解説 キングオブ4DX!劇場でゴジラに喰われろ! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「アラジン(実写版)」4DXネタバレあり感想解説 鑑賞前の妄想SP!4DXで3度の願いが叶う!? - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「MIB メンインブラック インターナショナル」4DXネタバレあり感想解説 光演出で観客の記憶が消える!? - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」4DXネタバレあり感想解説 4DXで限定公開!ミステリオが隠した秘技 - Machinakaの日記 

 おすましペガサス 映画「トイ・ストーリー4」4DXネタバレあり感想解説 トイストーリーマニアでは絶対に体験できない魅力満載! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「ワイルド・スピード スーパーコンボ」4DXネタバレあり感想解説 4DXとワイスピこそ最強のコンボ! - Machinakaの日記

おすましペガサス 映画「劇場版ワンピース スタンピード」4DXネタバレあり感想解説 豪華最強DXな4DX!◯◯の実が4DXの機能に宿る! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「ライオンキング(実写版)」4DXネタバレあり感想解説 4DXで観ても心配ないさぁぁぁぁぁ!!! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」4DXネタバレなし感想解説 ニュータイプ鑑賞形態!4DXは伊達じゃないっ! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」4DXネタバレあり感想解説 エクスプロージョンを4DXで体感ッ! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「マレフィセント2」4DXネタバレあり感想解説 最高のファンタジーアクションを4DXで! - Machinakaの日記

おすましペガサス映画「IT THE END(イット2 )」4DXネタバレあり感想解説 血しぶきが水しぶきに!?恐怖の4DX来る! - Machinakaの日記

 おすましペガサス映画「ルパン三世 カリオストロの城」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想 愛車フィアットが4DXで大暴れ! - Machinakaの日記

  おすましペガサス映画「ターミネーター ニュー・フェイト」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! 4DXでシュワちゃんと共に燃えろ! - Machinakaの日記

  おすましペガサス映画「アナと雪の女王2」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! イントゥーザ4DX!アナ雪2でマジカルエディション覚醒! - Machinakaの日記

  おすましペガサス映画「ルパン三世 THE FIRST」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! まるでガルパン!?4次元の世界を切り拓け! - Machinakaの日記

   おすましペガサス映画「ジュマンジ ネクスト・レベル」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! 無理ゲーレベルの4DX - Machinakaの日記

   おすましペガサス映画「スター・ウォーズEP9 スカイウォーカーの夜明け」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! フォースの力で4DXが覚醒!! - Machinakaの日記

 

 

  

計:47本を鑑賞!!

 

 

 

 

 

 

フォードVSフェラーリへの期待①:レースカーとモーションシートの相性は抜群

 

フォードVSフェラーリを既に鑑賞している私としては、本編に多く登場するレースカー。F1ではないにしても、ル・マンという世界最高峰のレースで戦える車が登場するわけです。

 

映画本編は基本的にレースカーで占められており、映画の映像と音響がレースカーで出来ているといっても過言ではありません。

エンジンはずっとかかりっぱなしなのです!

 

これまで4DXを見てきた経験から言わせてもらえば、車にエンジンが掛かっている時はモーションシートに何かしらの演出が施され続けます。

 

別にアクセルを踏んでなくても、ブレーキを踏んでなくても、アイドリング状態の車であっても、4DXの演出は必ず発生します。

 

レースカーであるならば、アイドリング状態でもかなりの振動とエンジン音が伝わっているはず。まるでコックピットに乗っているような感覚を、4DXで伝えるわけです。

 

モーションシートはただ回転するだけでなく、振動機能を備えています。

 

エンジン音はもちろん、ギターを引いてる時でも弦の震度をシートの振動で表現するほどなんです。

 

www.machinaka-movie-review.com

 

 

アイドリングの振動は必ず感じられるはずです。

 

ただ、念のため行っておきますけど、、、、

 

最低でもアイドリングの状態は再現できるってことです!

 

ギアをチェンジし、アクセル全開で走った時、4DXはどんな演出を提供してくれるでしょうか。。

 

考えただけで、胸アツ!!

 

 

 

 

 

フォードVSフェラーリへの期待②:1人称視点の多いレースシーンでもはや映画と一体化?

 

さらなる楽しみは、今作が「1人称視点の多用」が特徴的なこと。

 

レースシーンを第3者目線=上空から俯瞰で車とレーサーが写ってる映像として見せる、のではなくレーサーの目がカメラとなる=1人称視点となることが多いんですよ、この映画。

 

基本はケン・マイルズが見ている世界をそのまま描写しているのです。

 

画面は1人称視点、座席はコックピットの振動や動きをダイレクトに伝える、、これで没入感がない訳がない!!

 

4DX史上最高の没入感が今作で実現できるのではないかと期待しております!

 

 

 

それでは4DXの感想でっっす!!

 

 

 

  

 

4DXの感想

 

今年暫定ナンバーワンのベスト4DXが早くも決定!! 

 

モーションシートの挙動、振動。劇場全体を流れる風。その全てがレーシングカーに乗り込んでいるような没入感を提供してくれる。 

 

さらに驚くのは、エンジンの回転数によってシートの挙動を変化させていること! 

画面に映る計器が示す数字を参考にしたのか?だとしたら、なんて細かい演出なんだ、、 

 

そして、エンジンが7000回転に到達した時、今までのシートの揺れとは明らかに異なる大きな揺れが発生する。

映画の中で重要な7000回転以前・以降の変化を、見事に4DXの演出で示してくれた!! 

 

一般観客はもちろんのこと、映画関係者やゲーム関係者にも是非とも体験していただきたい! 

 

4DXもついにここまでやってきた!

4DXにより映画の没入度を底上げできることを証明した作品だ!!

 

 

 

 

4DXの一つの到達点がここに

 

やられました。

ただでさえ、車と4DXとの相性は抜群なのに、今作で4DXの可能性がさらに高まったと思います。

 

ただし、最初に言っておきたいのが、今作はカーレース映画であって、カーアクション映画とは言いがたいこと。

むやみやたらに車を壊したり、燃やしたりせずに、車を破壊することを目的化してない映画なので、他のカーアクション映画とは明らかに異なると思います。

 

真面目に車やレースについて研究している映画であるので、激突したり高いところから落ちる演出はないのです。

 

つまり、いつもカーアクションでやっているモーションシートの動きが、今作では通用しない

演出を考える人にとっては、いつもと違うロジックでモーションシートの動きを表現しないといけないのです。

 

そこで考えたのが、劇中に頻出する「エンジンの回転数」によってシートの動きを変化させる試み

 

ケン・マイルズとキャロル・シェルビーがル・マン出場をかけて戦ったデイトナ戦。

 

画面に計器が移り、7000に到達した時点で、明らかに今までのシートの揺れよりも大きくなっているんです。具体的には、シートの回転と振動が1.5倍程度になり、7000回転の衝撃を伝えているんです。

 

7000回転の瞬間は、ケン・マイルズの助手席に座っているような感覚になりますから・・ いかに7000回転がレースにおいて重要なのか、4DXが教えてくれているような気がしました。また、シートの反動が大きいこと自体、7000回転を祝っているような気持ちにさえなります!

 

今までのモーションシート演出とは明らかに異なる試みで最初は驚きましたが、今後も映画のシーンに適合したシートの演出を期待しています!!

 

 

風圧も見事に表現!

 

レーシングカーに乗っている時は、高速で走ることにより恐ろしいほどの空気抵抗が生じます。

 

風圧から身を守るためにガードをつけていますが、ケン・マイルズはスパナを投げて壊してしまった。

これを表現するためか分かりませんが、今作では車が走ると猛烈な風が劇場全体を流れる仕様になっているのです。

 

風って言っても扇風機ぐらいの力でしょ? と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです!4DXの送風機は業務用で、なおかつ大量に配置されているのです。

 

特に直線で走るときには、風の勢いが強くなり、風圧の高低も表現しているのが素晴らしかったです!!

 

以上、風の表現とモーションシートの挙動によって、見事なレース環境を再現できていたと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

車が激突することも落下することもなく、かつ無駄に爆発することもなく、カーアクション映画とは明らかに異なる車の映画を4DXでどう表現するか考えたときに、エンジンの回転数によってシートの挙動を劇的に変えた点が、面白い試みだったと思いました。

 

間違いなく、4DX映画史を変える一作だったと思います!

 

是非ともフォードvsフェラーリは4DXでお楽しみください!!

 

2020年から、4DXについても点数による評価を加えることにしました!

★による評価で、「★★★★★」が満点です。

 

●4DXによる映画没入度:★★★★★

 

● 各演出評価: 

【モーションシートの演出】

◯回転速度・回転量:★★★★★

◯振動:★★★★★

◯足元・背中の刺激:★★★

◯空気砲:★★★

◯水鉄砲:★★★

◯首元の熱:★★★

 

【劇場全体の演出】

◯雨:★★★★

 ⇨雨天の中レースをするシーンで、絶えず雨が降っていました!

◯香り:★★

◯バブル:演出なし

◯煙:★★★

◯フラッシュ:★★★

◯雪:演出なし

◯風:★★★★★

 

4DXの詳細仕様、カタログはこちら 

 

 

 

アメブロもチェック!!

Machinakaの映画夢日記 © 2015,machinaka.hatenablog.com